神在祭

更新日:2018年12月7日

旧暦10月は、神様が全国的から出雲へ集合する「神無月」。逆に神様が集っている出雲では、「神在月」と呼ばれます。出雲大社や日御碕神社、朝山神社、万九千神社、神原神社、神魂神社、多賀神社、佐太神社では、全国から集まったその神様をお迎えし、また旅立ちまでお送りする祭り「神在祭」を執り行われます。

基本情報

読み方 かみありさい
開催日時 11月中旬または12月上旬の8日間(旧暦の10月10~17日)
開催場所 島根県出雲市・松江市(出雲大社ほか)
電話番号 0853-30-6015(出雲市文化観光案内)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】出雲大社前駅から徒歩7分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●10月『神無月』は、神様がいらっしゃらない月という意味ですが、その間、全国津々浦々から八百万の神様たちが集まってこられる島根県では『神在月』と言われ、出雲大社を始めとする一帯の神社では、厳かに神事が執り行われます。中でも、旧暦の神在月11日からの7日間は、神様方が様々な取り決めを話し合う期間とされ、『神在祭』が行われます。お祭りといいますが、一般的な秋祭りのような盛り上がるものではなく、逆に、神様方に失礼があってはいけない、話し合いの邪魔をしてはいけないと、静かに過ごすことが決まりとなっています。地元の皆さんは、信仰の温度差というか、テンションの差はありますが、神様方に失礼の無いように、という点は守られており、初めて訪れた余所者としてはとにかく背筋が伸びる思いでした。ただ、こちらの神事は一般の参拝客には公開されておらず、見ることはできませんので要注意です。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ