島根県立三瓶自然館サヒメル

更新日:2018年12月7日

三瓶山の自然を中心に展示する博物館。直径20メートルの大型プラネタリウム「ビジュアルドーム」では、冬の三瓶の様子などを紹介する映像や、星座案内などを平日・日曜でも10回上映しています。

また三瓶山の北の原高原への散歩ツアーなど、親子で楽しめるイベントも盛りだくさん。島根の自然の魅力を再発見できる施設となっています。

基本情報

読み方 しまねけんりつさんべしぜんかんさひめる
住所 島根県大田市三瓶町多根1121-8
電話番号 0854-86-0500
公式サイト こちら
ドーム径 20メートル
座席数 / 形 171席 / 一方向傾斜
機材・機種 コニカミノルタ ジェミニスターIII (三瓶自然館特別仕様) INFINIUMβ(改)
投影日時 10時~・10時45分~・11時15分~・13時30分~・14時15分~・14時45分~・15時15分~・16時~
観覧料 一般400円~(時期によって異なる)
駐車場
アクセス 自家用車もしくはタクシー

口コミと評判

20代男性

●●島根に旅行に行った際に行きました。三瓶山という島根では一番高い山の麓にあり、自然博物館とプラネタリウムが一緒になっている施設です。観光地としてはガイドブックには小さくしか載っていませんでしたが、スピリチュアルな自然を感じることができ、アクティブ派の人におすすめのスポットです。プラネタリウム自体はもっと大きなものが都会や街中にはありますが、ここサヒメルのプラネタリウムがいちばんよかったです。実際訪れた日の「今晩の夜空」についてプラネタリウムで解説してくれます。季節の星座や、それにまつわるギリシャ神話の話は、星座に興味がなかった自分にも面白いストーリーでした。山の麓にあり、街の光が届かないからなのか、現地周辺では実際の星空もとても綺麗でした。こういった環境も含めてここのプラネタリウムの魅力だと思います。星や天体に興味がなくても、不思議と宇宙のパワーを感じてしまう場所でした。

20代女性

●●家族でキャンプがてら行きました。毎年家族でキャンプに行っているのですが、この日のことはとても覚えています。キャンプ場とプラネタリウムの施設の場所がとても近く、歩いて行ける距離です。最初は乗り気じゃなかったですが、実際体験してみると凄くいいものでした。プラネタリウムは椅子に座って見ました。ここまではどこでもいっしょだと思います。ですが、この時は実際外に出て職員の方がライト?みたいなものをもって「この星はこれで、この星はこれで・・・」と星を説明をしてくれました。普段から星を見る機会が多く星が好きですが、星座に関しては全くの無知で説明をしてくださったので、より詳しくなった感じがありました。そのせいかキャンプ場に帰る時も「この星はあれかな、この星はあれかな」と家族はなしながら戻ったことを覚えています。いつもより家族みんな仲良くいれたような気がしました。とてもいい思い出になりました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ