釧路空港

更新日:2018年12月7日

北海道釧路市にある道東の拠点になっている空港で、2006年から「たんちょう釧路空港」という愛称が付けられています。羽田・新千歳・丘珠の3路線が運航されており、季節限定で中部国際と大阪行が運航されます。ターミナルの外には道東の野生動物のモニュメントがあります。ターミナル2階にはFMくしろのサテライトスタジオがあり、週1回生放送が行われています。

基本情報

読み方 くしろくうこう
別称 たんちょう釧路空港
種別 拠点空港(国管理)
空港コード KUH / RJCK
住所 北海道釧路市鶴丘2番地
電話番号 0154-57-8304
公式サイト こちら
ターミナル 1棟
営業時間 8時~21時
国際線
免税店
駐車場
滑走路 2500×45
アクセス 各地からバス(釧路市中心部から約22km)

口コミと評判

20代男性

●●仕事で北海道の釧路市に初めて行きまして空港を利用しました。北海道の東側にある地域で空港自体は中心街から離れておりますが、釧路駅まで有料ですが格安の立派なバスも出ていますから不自由はありませんでした。釧路駅までで900円ちょっとだった気がします。バスが立派で駅までの道のりは見張らしも良かったです。時間にして40分程だったと思います。通り道のバス停何ヵ所かで止まってました。羽田・新千歳・丘珠の3路線が利用できます。ターミナルの外の野生動物のモニュメントは迫力ありました。小さな空港なので迷うことはありませんが、1点不明な点があり案内係りの人に尋ねたのですが大変親切に対応してくれました。土産品は充実しています。地元の良さを空港ないの端々でアピールしようという姿勢が見られましたし、空港自体は歴史あると思いますが駐車場も空港出た目の前で整備されており古さは感じませんでした。

20代女性

●●毎年恒例で道東を旅行するので、よく利用をさせて頂いています。あまり大きくはない地方の空港ですが、施設内には木造のベンチや釧路を象徴するタンチョウ鶴やシフクロウのモニュメントが展示され、素朴で温かみのある北海道らしさを感じられます。1階フロアにチェックインと到着フロア、レンタカーの窓口などが設置されており、2階フロアには出発口とお土産屋さん、3階フロアにはレストランや送迎デッキがあります。意外とお土産の品揃えが豊富だったので空港でまとめて最後の買い物ができるなと思いました。また、チェックインカウンターはあまり混雑していないので出発時刻の一時間前ほどに到着をしていれば十分に時間の余裕がありました。以前、出発前に3階にあるたんちょうレストランを一度利用したことがありますが、醤油ラーメンが美味しかったです。

●●北海道の道東・釧路の外れにある小さな空港です。夜に到着すると遠くに釧路の市街地が輝いて見えるのがととても綺麗です。何度も利用していますがすごく混み合っているということはあまりありません。出発時間が近づくとそれなりに人はいますが、長蛇の列になっていることは稀だと思います。出発する際に荷物を預けるのも保安検査を通るのもスムーズです。出発ロビーはガラス張りになっているので、ギリギリまで見送ることができます。到着した際にはバス移動などはほぼなく直接空港内に入ることができ、荷物の受取場所も近いです。2階にはお土産を販売しているお店がいくつかあります。北海道ならではのお土産も販売されています。羽田空港や千歳空港のようにすごく広いわけではないので2階でお土産を購入なさってから荷物を預けても良いと思います。保安検査を通った後にも小さな売店はあるので、そちらで食べ物や飲み物も購入できます。

30代男性

●●北海道旅行で行きは船で帰りは飛行機というので釧路空港を利用しました。電車であちこち移動していたのですが、大楽毛という駅で降りてタクシーで移動して空港へ行く感じでした。それほど距離もなくすぐに付いた感じです。地方の空港ということで規模は小さいですが、施設は古さを感じませんでした。ロビーも清潔感があり居心地のいい空間でした。ロビーに白鳥とか白くまのモニュメントがあったのですが、北海道らしい演出だと思いましたね。私が行ったときは人がまばらでかなり空いていました。チェックインカウンターでも並ばずに済ますことができましたから。北海道関連のおみやげが豊富だったのもよかったです。ジンギスカンや魚の真空パックなどは北海道ならではのおみやげでした。北海道ではネカフェなどが少ないのですが、ネット回線を利用できたのはよかったです。

30代女性

●●保安検査場が1箇所、搭乗口が3箇所と非常に小さな空港です。しかし、その小ささゆえに保安検査場の締め切り時間ギリギリまでお土産を選んだり、食事を楽しむことができるので、小さいとはいえ上手く利用すれば使い勝手の良い空港だと思います。以前出張のために飛行機に乗ろうとした際、会社から直行で仕事がなかなか終わらず搭乗時刻10分前に保安検査場に駆け込む羽目になったのですが、「急いでください」と急かされはしたものの怒られることはなく、何とか搭乗することができました。きっと、都心部の空港だったら搭乗手続きさえしてもらえませんよね。意外と融通がきくので有難いです。お土産店では道東の名産だけではなく、それ以外の北海道の定番のお菓子や珍味等を買うことができます。帰りの飛行機に自分へのお土産として購入し、おやつ代わりに食べたり、買い忘れたお土産を補充するのに良いと思います。

40代男性

●●便が少なく小さな空港だと思っていましたが、意外にも小~中規模なりに施設は充実しており待ち時間があっという間に過ぎました。こちらで食事はとりませんでしたが和食はリーズナブルで気軽に寄りやすい雰囲気でした。お土産も一揃い買うことができ、そのまま荷物を預けさせてもらえたため手が空いて楽でした。その他観光客向けのショップも並んでいて、地方空港にしてはさすが北海道といった感じでした。子供たちには買い物はやや退屈そうだったものの、屋外に飾られている動物のオブジェに大喜びでした。ただ置いてあるだけでなく、ちゃんとした写真スポットになっていて撮った写真は良い記念になりました。展望エリアも広くとられていて他のお客さんがいてもさほど混雑を感じさせなかったです。大人にも子供にも配慮のある空港で、また利用したいと思えました。

40代女性

●●小さなローカル空港です。アクセスは車かバスのみで不便さは否めません。バスでしか行ったことはありませんが、車の駐車料金は一日700円と聞き、お得感を感じました。コンパクトな空港で便数も少ないけれど、国内は羽田、セントレア、関空、伊丹、新千歳と主な主要都市は抑えています。LCCも乗り入れているし、路線は少ないながらも国際線もあり、シンガポールや台湾などに行くことができるため外国人の方を多く見かけます。釧路市内や阿寒湖などの観光地からそう遠くないので観光客も多いようです。空港の中はとても綺麗で、一応食事ができるようなお店もお土産屋さんもあり設備は整っていると思います。また、道内の中では雪が少ない方で冬の欠航も少ない気がします。一時は霧が原因の欠航が多かったのですが、改善され霧での欠航は減少しつつあります。

●●実家があるため、東京ほか他県との行き来でよく利用します。たまの帰省で楽しみなのは、空港内のリラクゼーションのお店でのマッサージと食事です。マッサージは、シャインブレスというお店で、短時間・低価格メニューから、長時間しっかりメニューまで選択の幅が広く、使い勝手がとても良いです。お値段も安めで、施術者の腕は確かです。施術後にお茶をいただけるのも嬉しいです。食事に関しては、北斗さんで海鮮料理をいただくことが多いです。釧路と言えば、おいしい魚介類。北斗さんで海鮮丼をいただくと、帰ってきたなーという気分になります。隣に洋食屋さんもありますが、ここではジンギスカンをよくいただきます。ボリューム満点でおいしいです。手狭な空港なので、搭乗の際にも降りて外に出る際にも、空港内を延々と歩かなくて済みます。空港から市街への移動は、いつもバスを使っていますが、団体のお客様がいない限りはほとんどいつも空いており、貸し切り状態でのんびり移動できます。

50代男性

●●道東を訪れるときに利用していました。釧路湿原の外れにある空港で、本州から飛んでくる場合は太平洋から釧路湿原へと入ります。荒涼とした大地の向こうに空港があって、都会から離れてちょっと違う場所へやってきたという感じを与えてくれました。夏は霧がかかることが多く気温も低いことで知られる釧路ですが、冬場は逆に晴れていることが多いです。新千歳空港が雪で閉鎖になっているようなときでも、釧路空港は大丈夫の場合もあります。また、冬の晴天のときに、本州からやって来ると、阿寒湖や摩周湖、屈斜路湖、さらには釧路川が蛇行している風景を機内から見ることができます。地図上では何となくイメージできているけれど、実際にはこんなのか、地図の世界が広がっているというのを自分の目で見れたときに鳥肌が立ったことを覚えています。釧路空港は地方の小さな空港ですが、感動が一杯ありました。

50代女性

●●釧路の町や海岸からちょっと離れた位置にありましたので、途中北海道の景色を楽しむことができました。道東の重要な空港ですが、ローカル空港ということで明るくてきれいなターミナルはとても空いていました。ターミナルの外に確かエゾシカやヒグマの像があり、中にも丹頂鶴だったか白鳥だったかがディスプレイしてあり、如何にも北海道という感じがしました。また、時間があったので二階の方に行きましたら、一隅に道東の町の紹介や過去の観光ポスターがズラッと貼ってありましたので、アイヌの娘さんの絵などを楽しむことができました。ロビーには何軒かみやげ物店がありましたので、何か珍しいものはないかと探したところ、ありました。トドの缶詰、エゾシカの缶詰、ヒグマの缶詰です。一つ950円くらいだったかと思いますが、思い出にひととおり買ってきましたが、まだ誰も食べると言わないので棚にホコリをかぶって置いたままです。上空から山々や海岸線がよく見えました。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ