小樽雪あかりの路

更新日:2018年12月7日

平成11年(1999)より開催する、雪とロウソクの祭典です。地元住民や商店街、企業や学校が支え、地域に根付いた祭りになっています。市内46か所にある、小樽のノスタルジックな町並みや運河をロウソクの灯りで演出。雪の降るなか、そろそろと散策するのがオススメ。会場ごとにオリジナルのオブジェが並ぶ様子は必見です。

基本情報

読み方 おたるゆきあかりのみち
開催日時 2月上旬~中旬の土日
開催場所 北海道小樽市市街地
電話番号 0134-27-2671(小樽雪あかりの路実行委員会事務局)
公式サイト http://www.yukiakarinomichi.org/
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】小樽駅または南小樽駅から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●北海道といえばやっぱり雪。札幌の雪まつりも良いですが、この小樽雪あかりの路も負けてはいません。小樽駅について、街中をまず散策するとあちこちから光が。商店街ではイルミネーションが、小道には雪で型どられたモニュメントが多数。私は特に後者が気に入りました。ハート型が沢山並んだ大きな雪のオブジェにキャンドルの光が沢山置かれ、幻想的な風景でした。他にもカボチャ型の作品もあり、最後はまるでちょっとした迷路のような雪の路が。各所で記念撮影をしまくり、ちょうど降ってきた雪ともあいまって素晴らしい写真がいくつも取れました。また途中にはちょっとした出店もあり、お腹がすいてきたのもあって食べ物を購入。食べながら歩くとお腹も心も満たされ、とても満足度の高いスポットでした。冬に北海道を訪れるのなら外すことのできないお祭りだと思います。

20代女性

●●小樽雪あかりの路は雪国ならではのアイディアがたくさんなイベントでした。小樽の至る所で雪国あかりの路のイベントがやっており、小樽の旧手宮線沿いの道でたくさんのゆきのオブジェがありました。その雪のオブジェは色々な形をしていてオブジェの中にはロウソクが灯されていてとてもキレイでした。また雪山でチューブ滑り台みたいなのもやっていてチューブ滑りが出来てとても楽しかったです。雪がこんなにもキレイに変身したり楽しい遊びに使えるとは思わなかったのですごいなと思いました。そして小樽のメイン観光地の堺町通りでも雪あかりのイベントがやっていてメルヘン広場にすごく大きなかまくらがありました。その中にも雪で作ったオブジェの中にはロウソクが入っていて、そのオブジェがかまくらの中と外にたくさんあり、夜になると光り出して本当にキレイでした。普通の電気のイルミネーションとはまた違った光りなのでとてもキレイでしたし癒されました。

●●北海道小樽市で毎年2月の上旬から始まるこのイベント『小樽雪あかりの路』ですが、隣の札幌市で行われる雪まつりと同じ時期に開催されます。観光地ということで地元の方だけではなく観光客の外国人もたくさんいてとても賑わっているイベントです。小樽運河や旧手宮線など様々なところで開催されるのですが、どの会場でも雪で作られたハートやお花をイメージしたオブジェのなかに無数のキャンドルが風に揺られてユラユラと灯っているのがとても幻想的です。また雪で作られたオブジェの形もなかなか凝っているものがあったりととても楽しめます。ワックスボールの体験やお子様も楽しめる雪で作られた滑り台もあるので、カップルはもちろんのことファミリーにも楽しめるイベントだと思います。海も近くにあるせいかとても寒いのですが温かいココアやホットワインが売られているので飲んで暖まりながらみることができます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●北海道で有名な冬のイベントといえば、札幌の雪まつりですが、同じ時期にお隣の小樽でも「小樽雪あかりの路」という素敵なイベントが開催されています。以前は札幌雪祭りが終わった後に開催していたような気がするのですが、今は同時開催なのですね。1年で最も寒くなる2月のはじめ、薄暗くなってきた夕暮れ時の小樽に次々と灯される無数のキャンドルのあかり。古い町並みにキャンドルのあかりがとても幻想的です。ボランティアや市民の皆さんが参加して手作りでみんなで作るおまつりだからこそ、寒いけれどとてもとても暖かな雰囲気なんですね。メインとなる会場は観光地で有名な小樽運河。昼間とはまた違った雰囲気で楽しめます。雪が降っているとさらに幻想的な雰囲気を味わうことができるかもしれません。期間中はコンサートやワックスボウルやスノーオブジェの製作体験など、様々なイベントがあります。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●札幌市が雪まつりの開催中に小樽市では小樽雪明かりの路という幻想的な美しい催し物が開催されます。小樽市民が用意したろうそくの火が優しく雪の路に反射し気持ちが暖かな夜を演出させてくれます。2月の上旬の北海道は昼間も真冬日になることが多いですが、夜は格別に寒いです。その寒さの中での雪明かりはなんとも儚い感じもして、北海道の冬を語るようです。小樽市の冬は雪がかなり降る地域です。雪の降る地域でなければこの雪明かりの路も存在することも出来ず小樽の雪を生かしたこのイベントは冬のお洒落な小樽にピッタリです。さすがに外に長く居ると底冷えがするので、見学の後には暖かな飲み物を飲むと体に染みわたります。小樽はお洒落な飲み物を出すお店も多くあるので是非行ってみて下さい。札幌雪まつりもとても素晴らしいお祭りですが、少し足を伸ばして小樽の雪明かり路を歩くのも良い思い出になります。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●小樽雪あかりの路は比較的新しい、手作り感満載のイベントです。となりの札幌雪祭りは全国的・国際的にも有名ですが、こちらはまったく趣が違います。LEDなどでは出せない柔らかく幻想的な光に感動します。小樽の各所でイベントは行われていますが、旧手宮線という線路跡の遊歩道を歩くのも楽しいです。鉄道ファンの方も楽しめるのではと思います。それぞれ手作りの雪で作った灯篭にろうそくの灯がともっていてきれいです。ひとつひとつ趣向を凝らしたオブジェになっています。また小樽運河では浮玉にろうそくを灯し、浮かべます。これは本当に幻想的で是非見ていただきたいです。小樽の古い町並みにぴったりのイベントです。年々訪れる人も増えていますし、灯篭・オブジェの飾り方も毎年いろいろと変わり、今年はどんなものがあるのかとワクワクします。札幌から少し足を延ばして、雪祭りとの違いを楽しんでほしいです。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ