札幌市青少年科学館

更新日:2018年12月7日

直径18メートル、200席を設けたデジタルプラネタリウムは、CGや動画により迫力ある投影を毎日3~6回も行っています。また毎月1回は、夜間投影も実施。この時だけの特別な投影なども魅力です。

館内には「てこ・滑車」「永久磁石」「ロボットコーナー」などの展示もあり、学習活動に最適な施設となっています。※耐震工事により2014年4月下旬まで休館

基本情報

読み方 さっぽろしせいしょうねんかがくかん
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央1条5-2-20
電話番号 011-892-5001
公式サイト http://www.ssc.slp.or.jp/
ドーム径 18メートル
座席数 / 形 200席 / 扇形
機材・機種 五藤光学 GSS-URANUS / 全天周デジタル映像システム
投影日時 【5月~9月】
平日:10時20分~・12時50分~・14時10分~・15時30分~
休日:9時40分~・10時50分~・12時~・13時10分~・14時20分~・15時30分~
【10月~4月】
平日:11時~・13時50分~・15時20分~
休日:9時40分~・10時50分~・12時~・13時10分~・14時20分~・15時30分~
観覧料 一般500円 中学生以下無料
駐車場 提携駐車場あり
アクセス 新さっぽろ駅1番出口すぐ
新札幌駅から徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●札幌市青少年科学館のプラネタリウムは全部で40分〜45分ほどの上映時間です。年中上映しており、その季節によって内容が変わるのが特徴です。前半はその季節に見える星や星座の紹介、後半は星に関する物語の放映というプログラムです。前半の内容では誰もが知っている星や星座の名前をはじめとして、マニアックな星の名前も知ることができます。その日何時ころに、どの方角に見えるかも説明がある為、自宅に帰ってからも楽しめます。後半の物語では子供から大人までが楽しめる内容になっているので、家族連れだけではなく恋人とのデートにも最適です。照明の明るさや静けさなど、どれをとっても理想のプレネタリウムだと思います。また、プラネタリウム以外にも科学に関する実験なども同じ施設内で行なっているため、非常に幅広い方に楽しんでいただける施設になっております。

20代女性

●●札幌市青少年科学館ですが平成28年4月にリニューアルし、星空やCG映像がよりいっそう迫力があって綺麗な映像になりました。また夜空の星だけではなく、札幌市の景色や夜景が360度映し出されるので、星空がより身近に感じてよかったです。説明してくれる係員の方の話し方もとても上手で、その日その日に合わせた説明や映像の操作をしてくれたので、ただ説明文を読んでいるといった感じがありませんでした。プラネタリウムに来たお客さんみんなと係員さんとで一緒に楽しめるような雰囲気だったのもよかったです。見たプログラムは1時間ほどの短い内容でしたが、季節や日によって内容が違うので何回行っても飽きないと思います。座席も広々してたので、くつろぐこともできました。プラネタリウムだけでも楽しめますし、プラネタリウム付きチケットもあるのでたっぷり遊べます。

●●プラネタリウムはほとんどの人がよくわからず見学に来てると思いますが、私もそのうちの一人でした。星の事なんて全くわからなかったし、興味もなかったのですが、青少年科学館のプラネタリウムを観てから興味が沸きました。なんといっても、説明する人が上手!男の人だったのですが、とても優しく、わかりやすい説明で、聞いていてもスッと入ってくる感じでした。帰り際男の人にありがとうございましたと伝えました。今でも感謝しています。そして最後の方にでてくる3Dのようなスクリーンにビックリ。まるで、自分が惑星にいるかと思ってしまうほど迫力があって、吸い込まれるようでした。圧倒されたままそのプラネタリウムは終わりましたが、とてもいい思い出になりました。もう一度行きたいと思える内容でした。

30代男性

●●地下鉄東西線新さっぽろ駅の1番出口を出ると目の前が札幌市青少年科学館です。館内はプラネタリウムの他にも科学を学べる展示・アトラクションがあります。ブランコのようなものに座った人をてこの原理を使って持ち上げたり、鏡を使った無限反射・目の錯覚を利用したななめの部屋、などアクティブに楽しむこともできます。プラネタリウムはその日札幌の街で実際に見ることのできる夜空の説明から始まり、スクリーン全体を使ったプラネタリウム番組も上映されます。その季節にあったテーマの番組を上映することもあるので、スケジュールを確認していけば毎回違う解説・番組を楽しむことができます。期間限定のプログラムが行われることもあり、はやぶさの帰還ドキュメンタリーが上映されたこともありました。

30代女性

●●ほぼJR・地下鉄駅直結という立地の良さもあり、いつも賑わっています。2016年4月にリニューアルし、最新型のプラネタリウム投影機が導入されました。美しい星空はもちろん、札幌市内の小学校の校庭の映像も映し出され、校庭から星空を眺めるというシチュエーションも体験できます。時間によって大人向け・子ども向けとわかりやすく区別されており、私は子ども向けのものを息子と見に行きました。子ども向けでありながら大人もかなり楽しめる内容で、息子も初めてのプラネタリウムに興味津々でした。ちょっとした子どもが参加できる場面もあり、未就学児の小さなお子さんでも飽きずに最後まで楽しめます。また、今夜の星空も解説付きでわかりやすく説明してもらえるので、プラネタリウムを見た日の夜に親子で星観察も楽しそうです。青少年科学館内の惑星コーナーとセットで楽しめば、宇宙に対する子どもの興味も2倍3倍に膨らんでいくことと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●JR新さっぽろ駅から歩いてすぐの場所にある、札幌青少年科学館は、地元で大人気の施設です。ここならお天気が悪くても、子供たちを一日遊ばせることができるし、入館料は中学生以下無料。ですから親子連れにとても人気があります。が、意外とカップルにもおすすめなのが、ここのプラネタリウム。ドーム直径18m、座席数200席、北海道内最大級のプラネタリウムは、近隣にショッピングモールや水族館も近くにあるので、デートコースにもってこいです。ただ、休日はとても混むので、行列覚悟で行って下さい。(ちなみに平日は近くの小学校の校外学習などに使われているので、団体貸切の場合もあるとか)この科学館は耐震改修工事で、しばらく休館していましたが、平成26年4月下旬に再開館の予定。プラネタリウムはとくに変更はないと思いますが、プラネタリウムの上部に天文・地球科学コーナーが新設されるようですから、楽しみです。

50代男性

●●ここは中学生以下が無料だからか、とにかく子供が多かったです。みんなプラネタリウムに遊びに来ています。最近ここはリニューアルしたのか、一昔前に見た物とは別人のようになっています。星空は、歓声を上げたくなるくらいにたくさん星々が広がっていて、以前のように星の点が目立つような感じではなくなっています。都市から離れた灯りのない土地の夜空がそのまま広がっている。星空がこっちに迫ってくる。無数の星々が主張をしている。そんな感じですね。思わず見惚れてしまいます。これならカップルでも楽しめます。ぼんやり見ているだけで良いです。銀河鉄道の夜を見ました。宮沢賢治の同名の小説をモチーフにした物ですが。そこに童話の世界が表現されていて、その世界に入り込んでしまう。鉄道が美しい輝きの星々の中を走っていく。それを見ていると何かを感じてしまう。どこか遠い世界に迷い込んだ気分になります。また見に行きたくなりますね。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ