洲本城

更新日:2018年12月7日

1526年、淡路に勢力を張っていた三好氏の家来、安宅冶興によって築城されました。織田信長の命の下、羽柴秀吉、池田元助によって淡路攻めが行われると由良城が落ち、洲本城も開城しました。

江戸時代に入り一旦廃城となりますが、大阪夏の陣以降、徳島藩の所領となり城代が置かれるようになりました。明治に入り廃城となりますが、1928年に現存するものとしては最古になる模擬天守が建てられました。

基本情報

読み方 すもとじょう
別名 三熊城
住所 兵庫県洲本市小路谷1272-2
電話番号 0799-22-3321
公式サイト http://sumoto-castle.net/
城郭構造 山城 平城
天守構造 連結式
築城主と築城年 安宅治興 室町時代後期
主な城主 安宅氏・仙石氏・脇坂氏・藤堂氏・池田氏・蜂須賀氏
廃城年 1871年
営業時間 ×
定休日 ×
入場料 無料
駐車場
アクセス 「洲本バスセンター」バス停より上の城まで徒歩60分
「洲本バスセンター」バス停より下の城まで徒歩20分
「公園前」バス停より上の城まで徒歩40分
「公園前」バス停より下の城まで徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●淡路島をバイクでツーリングしている時に、洲本城なるものがあることを知り訪れてみました。行くまではそんなに期待していませんでした。なにせ大阪城や姫路城などの有名なお城と比べてネームバリューがありませんから。きっと小さくてほとんど遺跡みたいな感じなんだろうなと思っていましたが、意外や意外、到着しみるとちゃんと天守閣もあるではないですか。もちろん小ぶりなものですけど満足できました。歴史的にも重要なものみたいで歴史好きの方にはたまらないスポットだと思います。天守閣の周りには石垣などもしっかりと組まれて素晴らしい景観でしばらく堪能することができました。天守閣の方からは街並みも見下ろすことができて景色は抜群でした。こんなにいいスポットならもっと有名になってもいいのになと感じました。ぜひ多くの人に行ってみてほしいです。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●洲本の街から車で、模擬天守閣の近くまで行けます。洲本市内から一目でわかる三熊山の頂上にある山城です。築城は4~5百年前です。城は洲本の中心地側からは、傾斜が鋭く、攻めることは不可能の地形です。攻めるとすれば、裏側の、今の車道から駐車場側だけです。そちら側に見事な入り組んだ石垣が複雑に組まれています。丁度、駐車場側側から入りますので、入場ルートも良い配置になっています。駐車場は無料で、城への入場料も無料です。トイレも駐車場から城に上る手前にあります。素晴らしいのは、模擬天守閣からの眺めです。大阪湾が一望でき、洲本市内も眼下に全て見えます。天守閣は無く、天守閣があった地点に模擬天守閣が建設されています。見ものは、城の石垣が殆ど残っており、現在継続して、石垣の保存工事中です。古い石垣や階段は全て残し、欠落したり、大幅に傷んでいる箇所を丁寧に補修しています。石垣自体は粗削りで、他の城よりも小さな石で組み立てられていますが、素朴で良いです。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ