京都市青少年科学センター

更新日:2018年12月7日

こちらには、100点もの展示品が飾られており、そこから自分たちで体験し、楽しみながら科学を学べる工夫がなされています。ティラノサウルスの模型には、調査研究の成果を音声にして解説しているので、とても分かりやすく学ぶことができます。また、触れるだけでなく、身体を動かして科学を学ぶコーナーもあります。

基本情報

読み方 きょうとしせいしょうねんかがくせんたー
住所 京都府京都市伏見区深草池ノ内町13番地
電話番号 075-642-1601
公式サイト こちら
営業時間 9時~17時
休館日 木曜日(祝日の場合は開館)
年末年始
入館料 大人510円 中高生200円 小学生100円
年間パス
駐車場
アクセス 京阪本線藤森駅より徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●京阪の藤森駅からは徒歩5分強、竹田駅からは徒歩20分弱の場所にあります。外観がかなり古そうですが、中に入ってみるとさらにその印象は強まります。時代を感じる展示物ばかりですが、やってみると結構楽しめます。中央部分には模型のティラノサウルスがいて、ボタンを押すと動きます。また、足で踏んで音の波形をみたり、体を使って体験する展示も多くありました。他にチョウの家という小さな温室のような場所もあり、そこにはたくさんのチョウが飼育されていました。係の人が説明してくれる間にも、頭や腕などにチョウがとまりにくるので、チョウ好きの人にはたまらないかもしれません。こちらの施設で一番のおすすめはプラネタリウムです。別料金が必要ですが、それだけの価値はあります。よくあるプラネタリウムと違い、なんと生解説でプログラムが進みます。「こっちの方が見やすいですね」と画像を何種類もみせてくれたり、お客さんの雰囲気をみながら話をしてくれるので、とても親しみやすくわかりやすいです。色々なプラネタリウムに行きましたが、ここのプラネタリウムは頭一つ抜けてユニークで素晴らしいものでした。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●小学生の娘が学校の社会科見学として数カ所の施設に行ったのですが、その中で京都市青少年科学センターがとても気に入ったということでしたので、先日、家族で訪れました。このセンターは子供たちが自分でいろいろと体験しながら科学について学べるようになっていて、大人でも十分に楽しめるように感じました。娘の一番のお気に入りは、何と言ってもプラネタリウムでした。私がこれまでに行ったプラネタリウムのほとんどは、録音された解説の音声が映像に合わせて流されていましたが、ここのプラネタリウムでは、なんと、専門家の方が天井に映し出される映像に合わせて、毎回、ライブで解説してくださるのです。時折、ユーモアを交えながら話してくださる夜空に輝く星や星座についての説明はとても興味深く、眠気に襲われることもなく最後までひきつけられていました。大きなティラノサウルスの模型も圧巻でした。これからも時々行きたいね、と家族で話しています。

40代女性

●●子どもと一緒に行きました。駐車場は近くにあり良かったです。私たち世代が小学生の頃に一度は訪れたことがあるような、昔からある施設です。中に入って、まず目に飛び込んでくるのが、大きなティラノサウルスの模型です。これがボタンで動いたりしゃべったりします。ガオーという声にびっくりすることもあるので、要注意ですが、なかなか楽しいです。また、面白かったのは、地震を体験できる装置です。あまりに大きい震度のものは体験できませんでしたが、こんなふうに揺れるんだということを子どもに体験させて上げれたのは良かったです。また、空気イスや大きな糸電話みたいなものなどもあり、小学生くらいの子どもなら、もっと楽しいだろうなと感じました。それでも、小さな子どもが遊べるスペースがあり、遊びの道具が科学に関係したもので、小さくても学べるのがよかったです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ