キリンビール 滋賀工場

更新日:2018年12月7日

キリンビール滋賀工場ではキリンビバレッジの工場も併設されているので、工場見学ではビールとソフトドリンク工場の両方を見学することができます。「一番搾り」の製造工程や「午後の紅茶」の製造工程を学ぶことができ、両方の製品の試飲ができるようになっています。ビールの試飲をしたい方は、公共交通機関での訪問がおすすめです。

基本情報

読み方 きりんびーる しがこうじょう
住所 滋賀県犬上郡多賀町敏満寺1600
電話番号 0749-48-2810
公式サイト こちら
見学内容 ビール・発泡酒の製造工程
見学料金 無料
見学可能日時 火~土:10時~、10時30分~、13時30分~、14時30分~、15時~
見学可能人数 最大100人
対象年齢 特になし
予約方法 電話・インターネット
お土産 試飲あり
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 70分
駐車場
アクセス 【電車】近江鉄道スクリーン駅より徒歩15分
JR南彦根駅よりタクシーで10分
【バス】湖国バス「キリンビール前」より徒歩すぐ
【車】名神自動車道・彦根I.C.より15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●今年の夏に旅行で京都に向かう途中でビール工場の見学に行って来ました。見学は予約制の定員制、時間指定ありと条件はありますが、ビールの試飲もさせてくれるのでそれくらいの条件は余裕です。(ちなみに、「午後の紅茶」の見学ツアーもあります)ガイドの女性に連れられて、早速工場見学です。最初はエントランスのようなところで見学者全員でビデオを見ました。工場長のあいさつに、それにジャニーズの嵐までも挨拶してくれます。(ビデオですけどね)エレベーターで上の階に上がり工場の説明を色々としてくれるのですが、ARなどの映像技術を使い目で楽しませながら飽きさせない説明をしてくれます。(ARといのは、肉眼で見るとただの厚い紙に板ですが、それをカメラを介してテレビ画面で見ると、厚い紙の上に3Dの立体映像が映る仕組みです)さらには、炒った麦芽の試食(これはビールのおつまみにも良さそうでした)、そして、「キリン一番搾り」のすごさ、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べをさせてくれ、いかにこの一番搾り麦汁だけを使った「キリン一番搾り」が美味しいかを理解させてくれます。ただ少し残念だったのが、ビールが缶に充填されて、蓋をされて箱詰めさていくなどのラインの流れを映像でしか見ることができないところでした。最後はお待ちかねのビールの試飲です。ビールも普通のビール、滋賀限定の一番搾り、黒ビールと飲み比べさせてくれ、ビールを飲めない人たちには一人二本まで好きなジュースを自動販売機から貰えるというサービス。これで、子供安心して連れてこれます。小さいながらもお土産コーナーもあり、これが無料で体験できるのですから、文句のつければバチが当たるってもんです。

30代女性

●●滋賀にあるキリンビールの工場の敷地内にはキリンビバレッジの工場もあり、ビールの工場見学と午後の紅茶の工場見学の2つを一日で楽しむことができます。どちらも予約は必要ですが当日でも空いていたら参加することができす。ちなみに無料です。ビールの工場見学では、キリンビール一番搾りのおいしさの秘密に迫るため、キリンビールができるまでの製法とキリンビールの歴史を体験しながら学ぶことができます。一方、キリンビバレッジの工場見学は、午後の紅茶のおいしさの秘密をダイナミックな映像と午後の紅茶の味で茶葉を変えていることを学べる体験ツアーになっています。どちらも、体験が終わったあとは、ビールやソフトドリンクの試飲ができます。写真スポットもたくさんあり、お土産もビールに合うおつまみやビールグラスがあり、大人から子供まで楽しめるツアーになっています。案内人の人もとても優しく丁寧にたいおうしてくださいました。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●団体ツアーの一環でキリンビール滋賀工場の見学を経験しました。地元にある大企業の工場ですし、以前から興味があったので参加してきました。もともとビールはキリンが好きでしたし、その製造過程を観たり、試飲もできるということでしたので、とても楽しみにしていました。滋賀工場では、ビール(一番搾り)と、ソフトドリンク(午後の紅茶)の見学が可能のようで、私が参加したのはビールの方でした。普段飲んでいるビールがどのように作られているのかを知る良い機会になったと思います。今回は団体ツアーでの参加でしたので、私たちの場合はツアー料金を支払っていますが、工場見学そのものは無料だそうです。少人数での見学も可能ということなので、興味がある方はぜひ予約してみてください。なお、今のご時世では当然と言えば当然ですが、車で行かれる場合にはアルコール飲料の試飲はさせてもらえないので、ソフトドリンクの試飲となるようです。

ページの先頭へ