館山城

更新日:2018年12月7日

1580年に里見義頼の命により築城され、1590年にその子・義康によって大改修完成しました。1614年に里見氏は改易になり館山城も廃城となりました。第二次世界大戦中には高射砲台地に使用された為、遺構もあまり残っていません。

1982年に犬山城を模したと言われる模擬天守が作られ、内部は館山博物館分館(八犬伝博物館)となっています。

基本情報

読み方 たてやまじょう
別名 根古屋城
住所 千葉県館山市館山351-2
電話番号 0470-23-5212
公式サイト こちら
城郭構造 連郭式山城
天守構造 望楼型3重4階
築城主と築城年 里見義康 1580年
主な城主 里見氏
廃城年 1614年
営業時間 9時~16時45分
定休日 月曜日(祝日の場合は翌営業日)
※火曜日が祝日の場合は月火曜日開館で水曜日休館
入場料 一般300円 小中高生150円
駐車場 あり・無料
アクセス 「城山公園前」バス停より徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●館山に縁がある『南総里見八犬伝』に関連する展示を行っている館山市立博物館と一体化している城です。城周りは公園となっていて子ども連れが遊んでいる姿も見え、館山市民の方にとって身近で愛される城のようです。個人的には観光地化された城よりも市民の身近にある城の方が好きなので、館山城は非常に好みの城でした。城内部の『南総里見八犬伝』に関する展示やグッズも充実していましたので、『南総里見八犬伝』に興味がある方や子どもの自由研究などで訪れるには最適だと思います。惜しむらくは、房総まで行く電車と館山城まで行くバスがいずれも1時間に1本程度しかないため、交通の便が非常に悪いということです。館山城に行くためには1日がかりになることを覚悟した方がいいでしょう。行って損はない城だけに、交通面での不便さが本当に残念です。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●千葉県の最南端に位置するのが館山市。その館山市にあるお城が館山城です。南総里見八犬伝の舞台として一般的に知られていると思います。その城内には博物館があり、その博物館には南総里見八犬伝に関する読本、絵草子、錦絵の数々が展示されています。ですので、歴史好きや南総里見八犬伝ファンにとっては、欠かせないところだと思います。お城自体は、非常にこじんまりとしています。しかし、公園に囲まれ、そしてすぐ目の前には海があり自然に恵まれたお城だと思います。そのすぐそばにある館山湾まで出れば美味しい魚介類も簡単に食べることができます。こういったこじんまりとした場所が好きな私は、機会が有ることにここを訪れ、ちょっとした自然を堪能し、いつも癒されています。

40代女性

●●里見氏の居城跡に建つ模擬城です。城山公園内にあり、坂を登っていく途中にクジャクなどが展示されているコーナーがありました。お城は三層四階天守閣形式で、八犬伝博物館となっています。南総里見八犬伝に関する資料をはじめ、安房地方の民家の様子や里見氏関連の展示など見ごたえがあります。また分館の渚の博物館には房総の漁民の資料が展示されています。館山城の建つ敷地からは東京湾が見下ろせてとても眺望がいいです。晴れていれば富士山や大島も見ることができる絶景スポットとなっています。お城まわりは広場のようにすっきりしている印象でした。そのせいか広く感じます。城山公園からお城までは桜の木があるので、お花見シーズンはにぎわいます。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ