アサヒビール 神奈川工場

更新日:2018年12月7日

スクリーンでの映像の視聴やベルトコンベアでの作業の見学、原材料に触れるなどの見学ルートとなっていて、最後にはアサヒスーパードライ等のビールの試飲の時間も設けられています。そのため、公共交通機関での訪問がおすすめです。ソフトドリンクも用意されているので、お酒の飲めない人と一緒に見学しても楽しむことができます。

基本情報

読み方 あさひびーる かながわこうじょう
住所 神奈川県南足柄市怒田1223
電話番号 0465-72-6270
公式サイト こちら
見学内容 ビールの製造工程
見学料金 無料
見学可能日時 9時30分~15時
※指定休日あり
見学可能人数 2人~
対象年齢 特になし
予約方法 電話・インターネット
お土産 試飲あり
写真撮影 不可
所要時間の目安 90分
駐車場
アクセス 【電車】小田急線新松田駅もしくは開成駅よりタクシーで15分
JR御殿場線松田駅もしくは山北駅よりタクシーで15分
【バス】富士急湘南バス「アサヒビール神奈川工場」より徒歩すぐ
【車】東名高速大井松田I.C.より7km(15分)
小田原厚木道路小田原東I.C.より13km(35分)

口コミと評判

20代男性

●●ビールが好きでビールの中ではクリアアサヒやアサヒースーパードライが好きです。ただビールが好きというだけで工場を見学しに行ったのですが、ビールの製造方法を工場を通して学んだり映像を見させてもらったりととても充実していました。工場内は様々な設備が設置されていて、案内の人がいなかったら確実に迷子になるかもというくらい広かったです。案内をしてくれた方もとても優しい方で質問にも丁寧に答えてくれました。工場見学を終え、最後に試飲が出来たのがとても良かったです。見学を終えた後のアサヒスーパードライはより美味しく感じられました。昼間から2杯ほどビールを頂けたので最高でした。ビールの注ぎ方もそこで教えてもらったのでとても有意義な時間を過ごしたなと思いました。工場見学を体験してよりいっそうビールを好きになりました。

20代女性

●●就職した会社の関係会社ということで入社研修の一環に工場見学のプログラムが含まれていました。私自身はお酒全般が得意でなく、あまりビールに関心はありませんでした。しかし、ガイドさんの分かりやすい説明と実際に工場の機械を間近で見ることができたことに興奮し、製造方法などビールを作る過程に非常に興味をそそられました。あれだけ広い工場にもかかわらず、ほとんど人がいなかったのは驚きました。各所で配置されていた人たちも基本的には何かをすることはなく、機械トラブルが生じた際に対応する様でした。とてつもない量のビールが瞬時に製造されていく様を見ると、機械の偉大さを感じる事が出来ました。また、工場の見学後には作りたてのビールを試飲する事が出来、乗り気でなかった私もついつい2杯も飲んでしまうほど格別な美味しさでした。工場見学を通じて、業界3位から現在の業界首位に昇りつめるまでの苦労を垣間見た気がしました。

30代男性

●●最初は単に「美味しいビールが飲みたい」という動機だけで行ったのですが、思いのほか見学が楽しく、有意義でした。当たり前ですが工場はすごい規模で、いつも飲んでいるビールの製造過程を知ることができ大満足でした。そして最高だったのが試飲です。できたてのビールを飲めるとあって、大感動でした。アサヒスーパードライはやっぱり最高の品質で、昼間にもかかわらずほろ酔いのいい気分に包まれました。ビール好きの妻と一緒に見学したのですが、家族にそういったビール好きがいるともっと楽しめるかもしれませんね。麦芽などビールの原料に実際に触れることができたのは驚きでした。後日、スーパーに並んでいたアサヒスーパードライを多めに買ってしまったのは言うまでもありません。

30代女性

●●松田町のアジサイ祭りのついでに行きました。とにかく広い、広大な土地で、周りは緑に囲まれています。ここなら美味しい水と空気で、新鮮なビールが作られるに納得です。工場見学は多少の待ち時間で、すぐに出発でした。20人くらいかな?一緒にアテンダントさんと回るのですが、工場が清潔でオートメーション化もスゴイ!どんどんビールが作られていくのですが、これが売れるんだから消費量もすごいんですね(笑)最後に試飲タイムがあります。これがチョット・・・ではなく、ビアガーデンのようにテーブルに着席後は自由。時間が30分、1人3杯だったかな?制限はありますが、好きなタイミングで好きな順番で楽しめます。飲めるビールも数種類用意されて、スタッフさんが注いでくれるので、新鮮で冷えてます。もちろん、ソフトドリンクも複数種類あるので、お子さんや運転手ものんびりできます。飲みたい方は松田駅から神奈中バスも工場に来ているので、それを利用するのも1つの手です。

40代男性

●●交通のアクセスは、新松田駅か松田駅まで行くと工場見学用のバスがあり、それに乗っていくとたどり着きます。そこまでの電車もとてものどかで楽しいと思います。私は茅ヶ崎から友人とのんびり遠足気分で行きました。工場の中はとても広く、建物がこれまたお洒落な造りです。予約制ですのでちょっと予約時間より早めに行って、園内?工場内?の敷地を散歩するのがオススメ!工場見学の案内スタッフもとても親切でとてもわかりやすく色々と教えてくれます。一通り周るとお楽しみの試飲コーナー、確か三杯までグラスビールを楽しめます。時間制限があるのでゆっくり味わうまでの余裕はないのですが、私が行った時はノーマルのスーパードライとドライプレミアム、ドライブラックが飲めました。お子様連れにもソフトドリンクのサービスがあり、工場限定のおつまみもいただけます。これが美味しくて帰りに買って帰ったのを覚えています。工場内にレストランがあり、そこにも行きました。試飲のビールで結構お腹が一杯でしたがジンギスカンと生ビールをいただき大満足。帰りも工場から駅までの無料バスが出ていますが15:00くらいまでにバス運行が終わってしまいますので私たちは歩いて足柄高校付近まで行って公共のバスに乗って帰宅しました。一度は訪れてみる価値のあるところだと思います。私は元々アサヒビールは好きでしたが、ますます大好きになりました。

●●アサヒビール神奈川工場は、丹沢の自然に恵まれた南足柄市にある最新鋭の大きなビール工場です。新しい工場でデザインも無機質な感じがおしゃれな建物です。ビール工場は都市部にあることが多いのですが、この工場は大自然の中にあるので、アクセスは少し大変で大雄山線の大雄山駅か、小田急線の新松田の駅からバスで行く必要があります。もちろん車で行くこともできますが、試飲があるのでドライバーは飲酒運転にならないようにしないといけません。工場見学は映像を見てから、仕込み、原料展示、ろ過、発酵、瓶詰めなどの工程を見学し、最後に試飲ができます。工場見学をした後には、工場の案内してくれたお姉さんから御礼のハガキが届いたので感激しました。このような工場見学は初めてだったので、また行きたくなるとともにアサヒビールのファンになりました。

40代女性

●●夏休みに実家に帰省していた時、どこかへ工場見学に行きたいと思い、インターネットで調べたところ、南足柄市にアサヒビールの工場があることを知り、両親と子ども二人と一緒に行ってみました。駐車場も広々としていて、工場は豊かな緑に囲まれた静かな場所にありました。予約をしていたので、着いてすぐに見学することが出来ました。大型スクリーンで簡単な会社紹介の映像を見た後、案内の女性の方にビールの製造過程をゆっくりと説明していただきました。仕込みやろ過、びん詰めなど、大きなタンクや機械を目の前にみることができ、子どもたちは大満足の様子でした。試飲コーナーではビールと一緒におつまみも試食でき、とてもおいしかったので、ギフトショップでお土産に買って帰りました。子どもたちにはソフトドリンクが用意されていました。工場の中は涼しいですし、夏休みの社会勉強にぴったりです。

50代男性

●●アサヒビール神奈川工場は小田急線新松田駅からバスで20分くらいの所にあります。工場自体は最新設備の整ったすばらしい工場です。工場の敷地も緑あふれ、大変良い環境の中にあります。工場見学は大変、人気があり予約制です。アサヒビールのサイトで申込が出来ますので、お早目に申し込まれると良いでしょう。工場見学自体は90分位です。案内役の女性がいくつかのグループ毎に各製造過程を説明してくれます。オートメーション化された製造過程は、子供達には興味津々で、大人も見ていて大変楽しいものです。工場見学が終わったら、お父さんお待ちかねのビールの試飲が待っています。試飲出来るビールは、アサヒスーパードライ、ドライブラック、そして今はドライプレミアムも試飲が出来ます。試飲コーナーではおつまみも付いてきます。そして子供たちは試飲コーナーで簡単な工作もしますので、大人がビールを飲んでいる間も飽きることはありません。工場にはレストランも併設されているので、出来立ての美味しいビールに良く合うお料理も堪能することができます。レストラン以外は全て無料です。家族連れで楽しめる工場見学ですので、是非、一度、お試しください。

50代女性

●●アサヒビール神奈川工場は、南足柄市の広大な敷地の中にあり、緑が豊かでが公園のように美しく整備されています。工場の中はとても清潔に保たれていて、ビールの仕込みから瓶詰め、缶詰めまでの一通りの工程をスタッフの詳しい解説つきで見学することができます。見学が終わったあとは、よく冷えた3種類のビール(プレミアム、黒、ドライ)の試飲をすることができます。おつまみと一緒に味わうそのできたてのビールは格別な味がします。お酒が飲めない人や車を運転する人にはノンアルコールのビールやソフトドリンクも用意されています。敷地内にはレストランが隣接されていて、美味しい食事をとることができます。そのほかにもお土産ショップや地元の農産物を販売するお店があったり、ビオガーデンを散策するなど美しい景色の中で楽しむことができます。

60代~男性

●●小田急線新松田駅周辺を知人とハイキングに行き、ゴールにアサヒビール神奈川工場に行きました。到着したのが、ちょうどお昼時でしたので、見学の申し込みをしてから工場に隣接する食堂で昼食を取りました。昼食後、担当の女性に引率されながら見学しました。最初に講堂でビデオをみてから見学コースにいき、麦芽の説明、蒸留窯、貯蔵タンクなど見学してきます。工場の歴史や製造量など知らなかったこともたくさんありますが、圧巻だったのは缶に詰められたビールが流れていくベルトコンベアーです。かなり速いスピードで動いていき、じっと見ていると目が回る感じすらしました。見学コースは、結構長いのですが、エスカレーターも使って移動したり、歩くコースも広いのでゆっくり見学できました。見学は30分ほどで、最後に試飲できるところに移動です。決められた時間内に2杯まで作り立てビールが味わえます。これが目当ての人も多いようで、急いで2杯を飲み干す姿もありました。見学が終わってから売店で記念の品などを購入しました。それほど珍しいものはないのですが、容器など目新しいものがあるので母屋げにはよいと思いました。時間は短いのですが、結構、楽しめました。説明もクイズ形式の問答もあったりして、退屈することはありませんでした。家で飲んでいるものと作り立てのものの違いも判り、ビールが生き物であることも実感できました。

60代~女性

●●事前にインターネットで予約をして行きましたが、当日は思っていたよりも混雑していました。足柄の自然豊かな場所にあり、芝生はとてもきれいに整備されていて敷地内から見える景色がとてもきれいでした。建築家の安藤忠雄氏が手掛けた工場とあって、工場とは思えないほどにモダンな空間でこれだけでも一見の価値がありました。製造過程ではろ過室、びん詰、ラベル貼りなどの一連の流れをガラス越しに見学しました。見学を終えた後におつまみ一袋とドライプレミアム、スーパードライ、ドライブラックの3つをビールを味わうことができ、出来たてとあってやはり普段飲んでいるものよりも格段においしかったです。お酒が飲めない人にはソフトドリンクなども用意されており、お土産には未発売のビールもいただきました。見学した後は併設されているレストランで休憩をしましたが、自然に囲まれたテラス席があり海鮮焼きなどを楽しめてこれもよい思い出となりました。

ページの先頭へ