大岡越前祭

更新日:2018年12月7日

江戸時代の名奉行・大岡越前守忠相公の功績を讃え、大正2年(1913)から始まった祭り。毎年4月中旬の土曜・日曜の2日間にわたって開催します。土曜は、大岡家代々の菩提寺である浄見寺にて墓前法要と地元の住民たちによる祭りが行われ、日曜には茅ヶ崎駅周辺を、バトンガールや鼓笛隊、稚児行列などの行列がパレードをします。

基本情報

読み方 おおおかえちぜんさい
開催日時 4月中旬の土日
開催場所 神奈川県茅ヶ崎市(浄見寺・茅ヶ崎駅周辺)
電話番号 0467-84-0377(茅ヶ崎市観光協会)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場
アクセス 【電車】相模線香川駅から徒歩20分
【バス】堤坂下から徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●大岡越前祭は、茅ヶ崎市で行われる春の恒例のお祭りです。大岡越前祭では、華やかなバトンパレードや鼓笛隊、仮装した大名行列、模擬店などが出店されるので1日中賑わいます。駅周辺と言う事もあり、駅ビルや商業施設までとにかく人が多く混雑しています。周辺の道路も規制がかかり大々的な茅ヶ崎のお祭りと言ったところです。模擬店は、見ているだけでも楽しいですね。年配の方やファミリーで来ている方、学生の集団と世代に関係なくみんなが楽しめるお祭り。しかし、駐車場が無く、駐輪場も無いに等しいので中央公園の周りや近所の商業施設には自転車が溢れてしまっているのも事実です。人も多いのでベビーカーや小さな子供は、注意して歩かないといけないかもしれません。ゴミのマナーや自転車のマナーがもう少しシッカリすると良いかもしれませんね。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●地元では知らない人はいないとても歴史あるお祭りで、毎年4月のゴールデンウィーク前頃に開催されます。駅周辺や文化会館、公園などが会場となり、大変盛り上がりを見せます。産業フェアはとにかく規模が広く、何でもありな雰囲気で和気藹々としていました。出店には地元ゆかりのお店などもあるのですが、全国のグルメや伝統工芸などもあって、幅広い内容で楽しむことができました。パレードは混雑してはいるのですが、他のお祭りと違って見れないほどではなく最前列も確保できました。やはり一番印象に残っているのが大岡越前を中心とした行列で、まさに時代を彷彿とさせ衣装などにも細かい部分まで凝っていてとても見ごたえがありました。またサンバやマーチングバンド、バトン、アフリカのダンスなど、次から次へとパレードが展開をしていくので飽きることがありません。ローカル色も強いですが、ぜひ一度は楽しんで欲しいお祭りです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●名奉行、大岡越前を顕彰するお祭りです。「祭」といっても宗教色はあまりありません。茅ヶ崎市の北部にある浄見寺という大岡家の菩提寺で慰霊祭は行われますが、こちらに参加する人は少数です。中心はJR茅ヶ崎駅北口周辺で、「大岡越前」の名を冠さなくても、普通の市民祭りとしても通用するような雰囲気です。茅ヶ崎で行われるのは大岡家の所領のひとつで菩提寺があるからに過ぎないという感じです。大名行列に見立てたパレードも行われますが、全体に仮装行列気分で、大岡越前にたいする崇敬の念が満ちあふれているという感じではありません。しかしかなり多くの露店が出て、子どもたちは大喜びです。茅ヶ崎市では11月に北部の里山公園で行われるレインボーフェスタから春までは大きな市民イベントはなく、大岡越前祭は春の到来を告げるイベントとして盛り上がっています。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ