相模原市立博物館

更新日:2018年12月7日

こちらでは、この土地に関する歴史や自然、さらには宇宙に関する資料までもが展示されております。天文展示室では、実際に「はやぶさ」で使用されたモデルの模型が展示されていて、新しい知識を得ることができます。また、映像を見たり、岩石に実際に触れることにより、宇宙の壮大さを感じることができます。プラネタリウムもあり楽しむことができます。

基本情報

読み方 さがみはらしりつはくぶつかん
住所 神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
電話番号 042-750-8030
公式サイト こちら
営業時間 9時30分~17時
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日
年末年始
入館料 無料
年間パス
駐車場
アクセス JR横浜線「淵野辺駅」南口から徒歩20分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●相模原市立博物館は入ってすぐ左にプラネタリウムと無料の宇宙の展示コーナーがあります。触れる事ができる隕石や衛生の展示をしています。奥には相模原市の歴史や民俗資料、農具や茅葺きの民家を再現したコーナーがあります。まず無料の宇宙関連の展示コーナーは隕石の表面を顕微鏡で見ることができます。普通にみると隕石とは思わないような普通の石ですが顕微鏡を通してみると信じられないくらいに色彩が豊かで万華鏡を覗いているかのようで感動します。衛生の展示はどのような軌道で土星を探索するかなど影像が興味深く、大きなモニターのある場所は暗室のように暗く火星や地球の影像を放送しています。まるで宇宙船の中から風景を見ているような感覚があり子供たちが夢中で影像を見ていました。プラネタリウムは影像が美しく時間によって宇宙の影像を映画化したものが放送されています。民族史料のコーナーは古代の相模原市のようすから出土された土器などが展示されています。展示のなかに当事使われていた土器でできた鈴の音が聞こえる工夫やボタンを押すと顕微鏡の中が見れる工夫などかたくさんあり楽しいです。茅葺きの家は一軒がそのまま展示されており、いろりがあったり土間があったり実際に土間のあたりまで入ることができるのでとても勉強になります。海外の友達に茅葺きの屋根のようすを写真で見せると分厚さなどに驚いていました。

40代男性

●●相模原市立博物館は、神奈川県相模原市にあります。最寄りの駅はJR横浜線淵野辺駅から徒歩20分くらいです。相模原の郷土の歴史や、自然などが学べる展示があります。博物館にはプラネタリウムも併設されています。市立博物館ですので、観覧料は大人500円、子供200円ととてもリーズナブルです。上映メニューは大人でも楽しめるメニューがありますが、何と言っても子供向のプログラムが充実している点が良いと思います。名探偵コナンが登場するプログラムは子供達も熱心に見入るほどです。プラネタリウムは小さい子供の場合、上映時間が長いと飽きてしまいますが、幼児用のプログラムがあり、所要時間20分程度ですので、幼児教育にはピッタリです。相模原市立博物館では、星空観測会を定期的に行っています。口径40センチN大望遠鏡を使って、学術員の人がいろいろと星のことを教えてくれます。利用にあたっては、事前申込制ですので、HPをチェックしてから申し込むようにしてください。大人から子供まで楽しめる相模原市立博物館、是非、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

40代女性

●●小惑星探査機はやぶさが大好きな息子のために何度か行っています。この博物館はJAXAの相模原キャンパスのすぐ隣にあり、それもあってかJAXA、特にはやぶさに関する展示がとても充実しており、宇宙が好きな方にはとてもおすすめです。また相模原市の自然や歴史に関する展示も多く、地元の人だけでなく相模原市よく知らない方にも興味を持って見学できます。市内で出土した縄文土器の展示は、土器好きな私にはとても楽しめました。プラネタリウムでは、はやぶさ2の番組を上映していますが、これはあまり上映しているところがなくとても貴重です。はやぶさ2のミッションとてもよく分かる内容で、はやぶさに興味がない方でも必見。また、団体予約でのみ上映をしてくれるというはやぶさ1の番組は、涙なしでは見られない名作です。ぜひ一度ご覧になってください。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ