埼玉県立嵐山史跡の博物館

更新日:2018年12月7日

こちらの博物館では、平安時代末期から戦国時代末期に関わる考古学の資料などを取り扱っております。展示室では、立体模型や写真などが解説付きで紹介されており、ロボットによって民話が聞けるという楽しいコーナーも設置されております。また、この土地にゆかりのある畠山重忠ロボットによる自身の解説などもあり、面白く工夫されております。

基本情報

読み方 さいたまけんりつらんざんしせきのはくぶつかん
住所 埼玉県比企郡嵐山町菅谷757
電話番号 0493-62-5652
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時30分
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)
年末年始
入館料 大人100円 高大生50円
年間パス
駐車場
アクセス 東武東上線「武蔵嵐山駅」から徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●博物館の建物は、日本の中世だった鎌倉時代の武将、畠山重忠の城だった菅谷館跡の敷地に併設されている。なぜこんな町から外れたところに城があったのかという疑問には、ここが鎌倉に通じる鎌倉街道と知ると、「いざ鎌倉へ!」の掛け声と共に、馬に乗った坂東武者たちがここを駆け抜けて行ったのだなと、往時の歴史ロマンにワクワクします。館内に入ると、畠山重忠の実物大のロボットが登場して度肝を抜かれます。でもこういう演出も色々と想像力が刺激して楽しいです。展示物では、埼玉の遺跡から数多く出土する板碑の大きさに感動したり、五輪塔などの死者の霊を祀る造塔供養に、当時の人たちの信仰の深さを知ることができます。この博物館のある埼玉県比企郡には、数多くの城跡が残されていることなので、見学した後には鎌倉時代から戦国時代にかけてこれまで以上に身近に感じるようになりました。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ