西渓園

更新日:2018年12月7日

栃木県足利市自慢の梅の名所「西渓園」のご紹介です。白加賀や白梅、紅梅、小梅といった色々な種類の梅を観賞でき、全体の本数はおよそ1,200本となっています。面積はおよそ30,000平方メートル、自由に散策しながら栃木の早春を楽しめます。毎年の見ごろシーズンは3月上旬頃から中旬、入園料は無料、ペット入園可。

基本情報

読み方 せいけいえん
住所 栃木県足利市西宮町3855
電話番号 0284-43-8788/足利市観光振興課
公式サイト
例年の見頃 3月上旬~中旬
梅の本数 1200本
主な梅の種類 小梅・白加賀・白梅・紅梅
開園時間 自由散策
梅まつり
ペットの入園
入場料 無料
駐車場
アクセス JR足利駅→車10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●こちらの梅林はまさに栃木の風光明媚な場所にあるもので、とにかく敷地が広大で早春らしさを感じるスポットです。足利駅からは徒歩で行ける距離ではないので、タクシーを利用しましたが10分ほどでした。しかし入園料などはかからず無料で楽しめるので、タクシー代を払っても行ったかいがありました。行ったときは3月の中旬だったので、ちょうど見頃を迎えており白梅と紅梅を両方楽しめることができました。犬を連れての入園も可能なので、ペット連れで訪れている人もちらほら見かけました。ここ西渓園はやや知名度が低いのでピーク期でも混雑がなく、自分のペースで鑑賞できたこともよかったです。梅林の中の道も自然の中の道を歩いているようで、人工的過ぎず自然の中にいるような感覚がとても良かったです。ただ敷地内は広いので歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

ページの先頭へ