多摩川ふれあい水族館

多摩川ふれあい水族館は、昭島市宮沢町の多摩川上流水再生センター内にある小さな水族館です。公式ホームページでも「ミニ水族館」と表記されているほど、可愛らしい小さな施設ではありますが、センター内には4つの水槽が展示されています。

水槽内では、多摩川に生息する18種類の魚が100匹ほど飼育展示されています。具体的にはイワナやアユやフナなどといった魚です。屋外にある水槽では、多摩川では絶滅種と言われる「多摩川めだか」を見ることが出来ます。

水再生センターということもあって、水槽の中の水は下水の処理水が使用されています。規模は小さいですが、無料で気軽に足を運ぶことができるお手軽さが魅力です。

基本情報

読み方 たまがわふれあいすいぞくかん
住所 東京都昭島市宮沢町3-15-1 多摩川上流水再生センター内
電話番号 042-545-4120
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時
休館日 土日祝日・年末年始
入館料 無料
年間パス ×
外国語パンフレット ×
音声ガイド ×
バリアフリー
写真撮影
所要時間(目安) 20分
ガイドツアー ×
駐車場
アクセス 【電車】
JR青梅線「中神」駅から徒歩25分

【電車+バス】
JR「立川駅」北口より立川バスに乗って「宮沢バス停」下車、徒歩5分

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●多摩川上流水再生センター(分かりやすくいえば下水処理場)の施設内にある「ミニ水族館」です。水族館と呼ぶのははばかられるぐらいのとても小さな規模で、「えっ、これだけ?」と思うかも知れません。玄関ホールの奥に4つの水槽があり、多摩川に生息する魚が最上流、上流、中流、下流に分かれて飼育されています。下流の水槽はオープンになっていて、カメやザリガニなどを直に見たり触ったりすることができます。水槽の水はこの施設の下水処理水が使われているとのことで、「下水をこんなにきれいにできますよ」というアピールのための場所ですね。小中学生の社会科見学などで使われるのを想定しているのかも知れません。節電のためでしょうが普段は照明すら消されていて、行き交うのは水道局の職員のみ。はっきり言ってわざわざ観光に行くような場所ではなく、開館は平日のみということもあり、訪れる人はあまりいないでしょう。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ