浜離宮恩賜庭園

更新日:2018年12月7日

浜離宮恩賜庭園は、中央区にある東京都が所有している庭園です。銀座や汐留や築地市場といった都内有数の観光スポットから歩いて行けるというアクセスの良さから、都民の憩いの場となっているだけではなく、年間を通じて国内外から多くの観光客が訪れる人気の庭園として知られています。

江戸時代に四代将軍家綱の弟であった松平綱重が、この地を埋め立てて屋敷を建てたことが始まりです。その後は歴代将軍の別邸として利用され、十一代将軍家斉のときには既に現在のような庭園になりました。明治維新後は、皇室の離宮として利用されますが、1945年に東京都に下賜された後、1946年に有料公開されました。

基本情報

読み方 はまりきゅうおんしていえん
英語表記 Hama-rikyu Gardens
住所 東京都中央区浜離宮庭園
電話番号 03-3541-0200
開園時間 9時~17時
休園日 12月29日~1月1日
入園料 一般・中学生:300円
65歳以上:150円
年間パスポート 大人:1,200円
65歳以上:600円
割引制度 【無料公開日】
みどりの日(5月4日)と都民の日(10月1日)は全員共通の無料公開日

【小学生以下・都内在住在学の中学生は無料】
【20名以上の団体割引】
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ コインロッカー ×
外国語パンフレット 英語・中国語・韓国語 音声ガイド
バリアフリー 写真撮影
所要時間(目安) 60分 ガイドツアー ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 身体障害者手帳等をお持ちの方のみ利用可
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車・大手門口】
地下鉄大江戸線「築地市場駅」「汐留駅」下車徒歩7分
ゆりかもめ「汐留駅」下車徒歩7分
JR・地下鉄銀座線・地下鉄浅草線「新橋駅」下車徒歩12分

【電車・中の御門口】
地下鉄大江戸線「汐留駅」下車10番出口から徒歩5分
JR「浜松町駅」下車徒歩15分

【水上バス・中の御門口】
東京水辺ライン(両国・お台場行)「浜離宮発着場」下船
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●東京の高層ビルが建ち並ぶビジネス街にありながら、豊富な緑を湛えているのが浜離宮恩寵公園です。もともとは松平家の邸宅であったので、日本庭園としての美しさは筆舌に尽しがたいものがあります。庭園内の池では、魚が泳いでいるのを見ることが出来たり、鳥が羽休めをしていたりするのを見ることが出来て、ここが東京のビジネス街であることを思わず忘れてしまうほどです。さらに、浜離宮恩寵公園は海に面しているので、日本庭園にいながら東京湾を臨むことが出来るという、ちょっと変わった面白い趣向を味わうこともできます。また庭園の中に佇む御茶屋では抹茶とお菓子を楽しむことができます。外国人観光客も数多く訪れており、海外の人にも好評の庭園のようです。旅行に来た外国の方や、ちょっとした日本案内の時に、連れて行ってあげると喜ばれると思います。

●●汐留に行ったら行ってほしいのが浜離宮恩賜庭園です。浜離宮恩賜庭園は東京都心にあり、汐留や新橋、浜松町から比較的近場にある植物園です。なぜここに行ってほしいかというと、都心にも緑があるということを知ってほしいからです。新橋駅から汐留まで歩くとすると、そこにはほとんど緑はありません。さらに、汐留についても緑を目にすることはありません。前を向けばコンクリートの物体、横を見ればコンクリートの物体、視線の中は灰色で埋め尽くされてしまいます。だからこそ、浜離宮恩賜庭園に行ってほしいのです。ここに行けば、緑をたくさん見ることができ、心が落ち着きます。さらに、それまでは灰色しかなかった世界に、生命の色が映るのです。ですので、ぜひ、都心に行ったら浜離宮恩賜庭園に行ってみてください。

20代女性

●●浅草から水上バスに乗って行くことができます。お弁当を持って、水上バスに乗って行くと、ただ公園に行くだけなのにとてもわくわくとしたイベント気分になれます。園内はとても広々としており、四季折々きれいな花を観察することが出来ます。私の行った時期はちょうど桜の季節だった為、たくさんの桜がきれいに咲いていて、お花見をしている人達もたくさんいました。東京湾に面している公園の為、海水の池が園内にあります。海水の池があるのは、都内唯一だそうです。平野が広がっている場所はあまりなく、木々がたくさん生えていて、夏でも日陰が多く、また園内を歩いていると、大きな池や川のように水が流れているところがあるため、夏に行っても涼しい気分に浸れるのではないかと思います。

●●お正月に初めてのデートで当時付き合っていた彼氏と出かけました。こちらは銀座や汐留・築地などからのアクセスもとてもよく、都会にありながらもその喧騒から離れ、安静で癒される空間にあります。緑も多く敷地は十分に広いのでお散歩も思う存分にできるのですが、ふと上を向くと都会のビルがひょこっと見えるような「癒しと高貴な雰囲気」が見事に調和した庭園だと思っています。訪れる人も割と少なくて、いつでも落ち着いて景色を楽しむことができるのもこちらの良いところだと思います。ちょっとホッとしたい時にでも気軽に立ち寄ることができるスポットだと思います。また、海外からも観光のために立ち寄る外国人が見かけられるのですが、騒がしい感じもなく、とても清楚な雰囲気を保ちながら私達の身近な存在であるようなそんな庭園だと思います。

30代男性

●●新橋駅近くにある浜離宮恩賜公園。オフィス街から近いけれど、行ったことがなかったので、今回足を運んでみました。入園料はワンコインでおつりが来る程度。まあ妥当といったところでしょう。しかし、入ってみて驚きました。とにかく広くて綺麗です。芝は丁寧に刈られているし、道幅も広い。しかも、日本庭園の周りを高層ビルが囲むという情景が、現代と古典の世界が入り交じったようで、なかなか不思議な気分に浸らせてくれます。浜離宮は有名なスポットがいくつかありますが、潮入の池と中島の御茶屋は見事の一言。海水を引くことで有名な潮入の池には鳥や魚が不意に顔をのぞかせます。ぼうっと見ているだけでもなかなか飽きません。中島の御茶屋は水面に映える姿が実に美しかったです。ここでは抹茶もいただくことができるので、文字通り風流の世界を楽しめます。デートスポットにも、ちょっとしたリフレッシュにもオススメの庭園でした。

30代女性

●●汐留駅から徒歩7分で着く立地の良さが魅力的です。全体的に美しい庭園で、手入れが行き届いています。視界が開けている所が多く敷地内の池も広いため、近くの草花をじっくり見るというよりも遠くの木々をぼんやり眺めるように歩いた方が楽しめると思います。また、海を見渡せるベンチが数多くあり、日当たりが良いためのんびりと海や船・向かいの風景等を見ながら、ずっと日向ぼっこをしていたくなります。あとは、落ち着いた雰囲気の「中島の御茶屋」でいただいた抹茶とお菓子が美味しかったです。入場料が300円(都内の小・中学生は無料ですが)で少し高めなので、そう何度も行かなくても良いような気はしますが、自然を眺めつつ静かにまったり過ごすデートするには最適な場所だと思います。

●●浜松町駅から無機質な風景の中を歩いていったので、園内の緑がまぶしく感じられました。近くには桟橋などがあり、海がすぐそばに迫っていて、不思議な感じがしました。周囲にはホテルやオフィスが並んでおり、周囲から切り取られたように公園だけが緑にあふれている印象を受けました。とにかく広くて、園内をまんべんなく歩き回ったら1時間近くかかりました。起伏が少ないうえ、中央部に高い木がまとまって植えられていないため、とても見晴らしがよく、開放感がありました。特に広々とした池の橋を渡るのは気持ちよかったです。夏場に行ったので、緑の濃さが印象に残りました。日影が少なく足元からの照り返しもあって街中と同じくらい暑かったです。何とか歩き通すことばかり考えて、どんな植物があったかよく覚えていないので、穏やかな季節にまた来たいと思いました。

40代男性

●●東京マラソンに参加するため、わざわざドイツから来日した友人グループが汐留エリアのホテルに滞在していたということもあり、近くの浜離宮恩賜公園に案内しました。この日本庭園は庭園として綺麗なことはもちろんですが、江戸時代に松平綱重の邸宅として海を埋め立てたところに作られたものなので、山の雰囲気と海を同時に感じることができる点がユニークだと思います。また将軍家に関係する方の邸宅ですから、有事の際の防御も考慮したであろう石垣が綺麗に残っていますので、草花や木々と石とのコントラストも見どころの一つだと思います。庭園の中ほどには隣接する海の水を利用した池があり、その畔にある御茶屋では誰でも御抹茶と御菓子(有料)を楽しむことができ、古き良き日本にタイムスリップできる都内スポットの一つだと思います。

●●都会の中でオアシスを感じさせる庭園です。おすすめは、潮入の池。都内では唯一の海水の池ということもあって、他の庭園とは違った本格的な池の趣向を味わうことができます。圧倒的な広さと、潮入の池と岸を結ぶ風情ある橋とがマッチした風景は、江戸の情緒をかもし出したみごとな情景といえるでしょう。天気がいい日にこの池のそばにあるベンチに座ってぼんやりとカモメが舞う姿を眺めると、なんともいえない心地よさを感じます。園内には、ボタン園とお花畑、三百年の松や、梅林など自然も豊富にあり、都会に疲れた心も十分癒やしてくれます。また、忘れてはならないのは、水上バスの発着場付近です。ここは人が少ないうえにベンチが用意されており、ゆっくりとした時間が過ごすことができます。

●●東京の高層ビル群が立ち並ぶ都会の中に存在する庭園です。入園料は300円とリーズナブルだと思います。園内には四季折々の植物が有るので四季を通して楽しめます。個人的にお勧めの時期はやっぱり春の桜の時期と秋の紅葉のシーズンが見ごたえが有ってベストな季節だと思います。本当に綺麗ですよ他にも広い園内には白梅やツツジや藤にキンモクセイも有ります。夏場は木々の陰で涼んだりのんびりとした時間を過ごせる場所で歩き疲れたら御茶屋で美味しい抹茶とお菓子を頂くのも楽しいです。都会の中にあるオアシス的で緑豊かで癒されるし園内の池では鳥を見ることも出来るし手作りのお弁当を持って行くのもワクワクして良いですよ。桜の季節は桜を見ながらお花見気分でお弁当を食べたり藤やキンモクセイの香りを楽しんだり見事な紅葉を見たり年間を通して楽しめる場所だと思います。

40代女性

●●とにかく広くて、立派な日本庭園が味わえます。目の前には江戸時代の庭園が広がっているのに、バックには都会の高層ビル群が立ち並んでいる、と何とも言えない不思議な感覚がしました。ゆったりと静けさが流れていて、これが東京の真ん中にあるのかと、本当に感動しました。平日に出かけてみたのですが、思ったより人出は少なくて、ゆっくりとお散歩ができました。やはりここの見ごろは、春の桜の季節と秋の紅葉シーズンがベストです。水上バスも走っているので、たまにはお子さん連れでも良いでしょう。子供の幼稚園の遠足で以前来たことがあるのですが、今回は一人でぶらりとやって来ました。庭園内には海水を引き入れた池があり、お茶屋さんでお抹茶や和菓子がいただけます。とにかく見応えはあるので、お天気のいい日に、たまには散策するのもいいと思います。

●●二年くらい前の春、関西から上京した両親を連れて遊びに行きました。浅草と築地に行った帰りに、「自然のある場所へ行ってみたい」との両親の希望で携帯で調べて急きょ立ち寄りました。どうせなら東京水辺ラインで・・と電車などの人混みを避けて行きました。中に入ると思ってた以上に広く、立派な橋あり、池あり、緑は豊か、なんと立派な庭園かとびっくりしました。中でも「三百年の松」はとても記憶に残っています。高齢の両親も休憩できる椅子があるのでそんなに疲れませんでした。汐留からほんの近くでこんなに自然に触れる場所があったとは、穴場ですね。都会の喧騒に疲れた時、ちょっと立ち寄るにも便利な場所で、ここは癒されるスポットだと思いました。またお花のたくさん咲く季節に家族でもう一度行ってみたいですね。

50代男性

●●汐留駅から徒歩7分で着く東京の都心部に、こんな自然な公園があるなんて初めて知りました。開園面積が250万平方メートルもあるんです。ビジネス街を抜けて海の方向に歩いて行くと大きな公園が開けています。日本庭園ですが、東京湾を臨むシチュエーションに感動します。クロマツ、タブノキ、サトザクラ、ウメ、ツバキ、アジサイなど四季折々の植物の鑑賞ができます。公園内を散策していると、都会にいる事を忘れさせてくれる空間です。ほんと静かな時が流れて行きます。外人さんも数多く立ち寄っている姿が見られます。庭園の散策に疲れたら、「中島のお茶屋」で休憩です。そこで飲む抹茶とお菓子で一息ついてから、また散策開始です。入園料が300円ととても安いのも魅力です。デートスポットとしてもお勧めの場所だと思います。今度また東京に来る機会があれば、ゆっくり庭園でリフレッシュしたいと思います。

●●浜離宮恩賜庭園は、都内9庭園の中でも最大の敷地面積を誇ります。園内は実に広大で、遊歩道を一通り廻ると、1時間くらいは掛かるでしょう。そして、林あり、池あり、広場ありで、又港に面した場所もあるなど、様々な変化に飛んだ景観を楽しめる点が、この庭園の魅力です。ここには複数回訪れていますが、特に秋に訪れた時は、至る所に点在する見事な紅葉を存分に楽しむ事が出来ました。とにかく散策していて、飽きる事がありません。又、大きな池の中央には茶屋が設けられており、園内の素晴らしい眺めを楽しみながら抹茶を頂く事が出来ます。しかし、素晴らしい茶屋なのですが、時期によっては、特に土日は結構混んでいます。来訪者がかなり多い庭園ですが、何しろ敷地面積が広いので、茶屋は別にして人混みに辟易するなどという心配はありません。

50代女性

●●東京の中心にある浜離宮恩賜庭園。歴史のある庭園でとても有名です。アクセスがとても便利でどこからでも行きやすいと思います。庭園内はいろいろな花で彩られ、白梅やツツジ、藤、キンモクセイなどその季節を感じる事ができ、とても優雅です。中にはウコンやザクロなどの珍しい花を見る事ができます。お伝え橋や三百年の松、ボタン園などの見どころもあり、水上バスに乗る事も出来て楽しめそうですね。講演会や音楽のイベントがあるのはびっくりしました。お茶処の鮮やかな生菓子は見ているだけでも楽しめます。普段の忙しさを忘れさせてくれるような美しい場所だと思います。よく晴れた日にのんびりとお散歩をするのにもってこいだし、雪の日もとても情緒があると思います。

60代~男性

●●若い頃は東京・新橋の勤めていた時もあり、彼女とのデートのおりに行った事もあります。又、最近では、歌舞伎が好きで新橋演舞場での公演の時など、時間待ちや公演が引けてからなどに水と緑の織りなす浜離宮へ散策しながら、のんびり歩いたところでもあります。兎に角、水と緑が美しいところで、それもそのはず東京湾に面していて海水が直に出入りしているところでもあります。 名前の通り汐入池と言う名前の池もあります。当地は、元は甲府藩主の別邸だったものを、更に、改良して徳川家宣が将軍家の別邸にしたところでもあり、通称で浜御殿とも言われてました。 その頃は将軍家の鴨のお狩り場が行われたところでもあり、今でも将軍御座船の船着き場の名残があります。浜離宮は交通の便が非常に良いところであり、山手線の浜松町や新橋から直ぐのところであり、最近では「ゆりかもめ」の汐留駅のほぼ正面にあります。

60代~女性

●●浜離宮恩賜公園は徳川将軍家の鷹狩場として造られ、現在では国の文化財となっている庭園です。汐留から数分のところに存在する自然豊かな庭園からは、東京タワーや高層ビル群を望みながら、四季折々の花々を鑑賞したり、野鳥観察や森林浴を楽しむことができます。

庭園内にある「潮入の池」は、現在も海水を引き入れており、潮の満ち引きで水位が変化することから、その時によって池の印象が変わります。三百年の松や数々の巨木があり、小鳥のさえずりを聴きながら散策すると、都会にいることを忘れてしまいます。私が訪れた時は、花菖蒲と紫陽花が美しく咲いていました。

秋にはコスモス畑、そして紅葉の季節にはイチョウやモミジ等の紅葉も見ることができ、美しいことでしょう。季節を変えて訪れてみたい庭園です。

休日には催しとして様々なコンサートも行われていますので、ご家族で手作りのお弁当を持参して楽しんだり、お友達同士でのお出かけや、デートスポットとしてもおすすめです。夜景スポットとしても穴場かもしれません。

遠方から来られた方は庭園散策の他、近くにある日テレプラザに行ってみるのもいいですね。収録している様子を見られることもありますし、日テレ大時計(からくり時計)は、大時計というだけあって、かなり大きな時計です。是非、カメラにおさめていただくことをおすすめします。きっと記念に残る一枚になると思います。

周辺にはホテルが点在していますので、ホテルでランチをいただくのもおすすめです。私が先日利用したロイヤルパーク汐留ホテルの24階にある「ハーモニー」というお店のランチバイキングは、席からの眺望を楽しみながら、おいしいお料理を堪能することができました。

日曜祝日はステーキを注文すると焼いてくれるのですが、ソースが2種類あって、とても美味しかったです。平日と比べると料金はアップしますが、本当におすすめです。都会的な雰囲気の中で、ゆっくりとお料理を味わうことができました。あらかじめ、予約をしておくとスムーズです。

都会の雰囲気と自然豊かな庭園を一度に楽しむことのできる汐留エリアは、是非また行ってみたいと思う、私のおすすめスポットのひとつです。取り上げませんでしたが、カレッタ汐留やパナソニックの美術館などといった見どころも少なくありません。お時間あるときに是非足を運んでみてください。

ページの先頭へ