日本カメラ博物館

更新日:2018年12月7日

日本カメラ博物館は、千代田区一番町にあるカメラ専門の博物館です。約1万台ものカメラを所蔵していて、その一部が展示されています。展示品の中には、世界で初めて市販されたカメラとして知られる「ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ」も含まれており、このカメラの常設展示を行っているのは世界で日本カメラ博物館だけです。

館内では常設展と年に数回の企画展が行われています。常設展に関しては公式サイト上でフロアマップが公開されていて、各コーナーの見所が写真付きで解説されています。先にご紹介した「ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ」や、日本の数々の歴史的カメラ、明治時代の移動暗室など、様々な展示が常に行われています。

基本情報

読み方 にほんかめらはくぶつかん
英語表記 JCII Camera Museum
住所 東京都千代田区一番町25 JCII一番町ビルB1F
電話番号 03-3263-7110
開館時間 10時~17時
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日の火曜日)・年末年始
入館料 一般:300円 中学生以下:無料
年間パスポート 6,000円+2,000円(入会費)
割引制度 【10名以上の団体割引】
公式ホームページ http://www.jcii-cameramuseum.jp/
レストラン・カフェ × コインロッカー
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影 ×
所要時間(目安) 30分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」4番出入口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線「麹町駅」3番出入口より徒歩8分

【バス】
都営バス「都03・宿75系統」の「半蔵門停留所」より徒歩4分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●駅出口を降りてすぐ近くですが、地下にあるので少し分かりにくいかもしれません。入場料が安いので都心に出かけた時にちょっと立ち寄るのに良いかなという感じのこじんまりとした博物館です。日本で初めて使われたカメラやスパイカメラとして使われていたものなど普段は目にしないようなカメラが沢山あります。カメラが展示されているだけではなくて、どうやって使われていたかということも分かりますし半分にされた断面があったりもします。ライカの歴史やからくりカメラなどカメラ好きの人であれば企画展に飽きが来ずに見られると思います。ガイドなどはありませんがこじんまりとした博物館なので受付にいる学芸員さんに話しかければ色々と教えてもらえるので良かったです。

40代男性

●●日本で唯一のカメラ専門の博物館です。カメラ好きにはたまりません。子供のころの憧れの一台と出会えます。地下にあるので、最初に行くときは少し分かりにくいです。都心へのお出かけ時に、時間調整に立ち寄るのに良い感じです。かつて恵比寿にあった写真美術館が現在改装中なので、写真関係の展示物を閲覧できる、唯一の施設といっていいかもしれません。約一万台ものカメラが収蔵されていて、中には世界最初の市販カメラとして有名なダゲレオタイプのカメラもあります。館内はこじんまりしているので、30分程度で一回りできる大きさです。常設展示の他、企画展示も盛んに行われており、一度訪問したときにはがきでの案内をお願いすると、定期的に企画展の案内が届きます。この博物館はウェブでの案内にはあまり力を入れていないようなので、定期的に行きたいときにはがきの案内が重宝します。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ