板橋区立郷土資料館

更新日:2018年12月7日

板橋区立郷土資料館は、板橋区赤塚にある博物館です。板橋周辺の歴史や文化に関する史料を収集展示することを目的として、1972年にオープンしました。その後、1991年に建物がリニューアルされて現在の姿となりました。周囲を豊かな緑に囲まれていて、静かで落ち着いた雰囲気となっています。

建物は2階建てで、1階に収蔵庫と常設展示室が、2階には講義室と特別展示室が設けられています。メインの展示となる常設展示室は、「ムラの世界」「生きる」「暮らす」「戦う」といった具合にコーナーごとにテーマが設けられていて、古代や旧石器時代から現代に至るまでの様々な歴史資料が展示されています。

基本情報

読み方 いたばしくりつきょうどしりょうかん
英語表記 Itabashi Historical Museum
住所 東京都板橋区赤塚5-35-25
電話番号 03-5998-0081
開館時間 9時30分~17時
休館日 月曜日(月曜日が祝日のときはその翌日)・年末年始
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 ×
所要時間(目安) 40分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
都営三田線「西高島平駅」から徒歩13分
東武東上線「下赤塚駅」から徒歩23分
東京メトロ有楽町線「地下鉄赤塚駅」から徒歩25分

【バス】
東武東上線成増駅北口より国際興業バス「赤塚八丁目」下車徒歩8分
国際興業バス増17系統「区立美術館」下車徒歩2分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●とてもこぢんまりとした資料館です。館内に入ると左側が常設展示室となっています。板橋と言えば「板橋宿」としか思いつかないのですが、旧石器時代から近代までの板橋の自然・歴史・文化がとてもコンパクトに展示されていて勉強になりました。土器や古文書や絵や写真などのほか、模型や映像の展示もあります。2階は特別展示室となっていて、定期的に特別展や企画展が行われています。もちろん板橋に関係のある内容のものばかりです。展示数は多くはないのですが、工夫があり、「板橋のことをもっともっと知ってほしい」という気持ちがひしひしと伝わってくる資料館です。屋外には立派な茅葺き屋根の古民家があり、こちらも見学することができます。古民家の納屋の前に置かれている大きな樽が目を引きました。たくあんの漬物樽だそうですがその大きさは一見の価値ありだと思います。何回か行ったのですが、いつも比較的空いていてじっくりと見ることができ、落ち着ける場所です。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●教育科学館の入館料は無料です。プラネタリウムは有料です。乳幼児から小学生まで、幅広い年齢のお子さんが楽しめます。また、自由研究など学習面でもお役立ちな施設です。大きい地震の揺れを体験できる設備があったり、子供の防災意識にも役立ちそうですが、大きい子にはちょっとした絶叫マシンの変わりになっちゃうことも。お金をかけずに子供を遊びに連れて行きたい時、よく行きました。プラネタリウムはお金がかかりますが、専門の施設より安価で、大人も楽しめます。疲れている時など、とても良いリラクゼーションになってくれます。科学館ということで、子供でも体験できる実験設備もあります。難しい物ではなく、遊びながら体験できる感じです。説明文などもあるので、上手く使えば自由研究の題材にもできそうです。あくまでも遊具のようなもので、高度な自由研究には物足りないかもしれませんが。ヨチヨチ歩きのお子さんでも、絵本やパズルみたいな遊具などそれなりに楽しめるのでおすすめです。冷暖房完備なので、雨天だけでなく真夏日や真冬には重宝する子供の遊び場です。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ