紙の博物館

更新日:2018年12月7日

紙の博物館は、北区の飛鳥山公園内にある博物館です。その名からも分かる通り、紙を専門に扱っている博物館となっていて、紙の歴史や製紙産業の歴史などを学ぶことができます。なお、高知県にも「いの町 紙の博物館」という施設がありますが、こちらの博物館と特に関わりがあるという訳ではありません。

館内には4つの展示室があります。2階に第1展示室「現代の製紙産業」、3階に第2展示室「紙の教室」、4階に第3展示室「紙の歴史」という展示室がありますが、この3つの展示は全て常設展示となっています。もう1つの展示室は企画展示室です。第3展示室と同じ4階に設けられていて、年に数回の企画展が開かれています。

基本情報

読み方 かみのはくぶつかん
英語表記 paper museum
住所 東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内
電話番号 03-3916-2320
開館時間 10時~17時
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日・年末年始
入館料 大人:300円 小中高生:100円
年間パスポート なし
割引制度 【20名以上の団体割引】
公式ホームページ http://www.papermuseum.jp/
レストラン・カフェ × コインロッカー
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影
所要時間(目安) 60分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
都電荒川線「飛鳥山駅」より徒歩3分
JR京浜東北線「王子駅」南口より徒歩5分
東京メトロ南北線「西ヶ原駅」より徒歩7分

【バス】
北区コミュニティバス「飛鳥山公園」下車徒歩2分
都バス 王40甲・王55・草64の各系統「飛鳥山」下車徒歩4分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●就職活動で王子駅近くを訪れたので紙の博物館に入ってみました。最初は飛鳥山公園の桜でも見ようと足を運んだのですが、博物館の看板を見かけたのがきっかけでした。公園内にちょこんと居座るその姿にあまり期待はしていなかったのですが、中に入って展示の充実っぷりにビックリしました。紙の歴史や製造・リサイクルについてはもちろん、ティッシュペーパーとトイレットペーパーの違いなど、そういえば知っているようで知らない紙の真実を子どもたちにもわかりやすい言葉で説明されていました。私が訪れた時は紙の手すき体験の企画があり、表の桜を使って春らしい葉書を作られた人も。1階には売店では和紙を使った四季折々のレターセットや職員さんが作った一点物の葉書やシールなどもあり、お土産としてプレゼントしても喜ばれそうなものが置いてありました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ