杉並区立郷土博物館

更新日:2018年12月7日

杉並区立郷土博物館は、杉並区大宮にある博物館です。善福寺川のすぐそばに建っていて、川沿いに公園が広がっているため、都内でありながらも緑が豊かな地域となっています。3万年近く前から人が住んでいたと言われている杉並地区の歴史や文化や民族などについての展示が行われている施設です。

メイン展示となる常設展示室で杉並の歴史を詳しく解説しています。「原始・古代 ~武蔵野台地と水と人のくらし~」「中世 ~武蔵野の村と古道~」「近世 ~江戸と杉並~」「近現代 ~荻窪風土記~」という時代別の4つのコーナーが設けられていて、ぐるりと展示室を回ると3万年にも及ぶ杉並の歴史を学べます。

基本情報

読み方 すぎなみくりつきょうどしりょうかん
英語表記 Suginami Historical Museum
住所 東京都杉並区大宮1-20-8
電話番号 03-3317-0841
開館時間 9時~17時
休館日 月曜日・第三木曜日(祝日と重なった場合は開館、翌日休館)
年末年始
入館料 100円
年間パスポート なし
割引制度 【20名以上の団体割引】
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影 ×
所要時間(目安) 50分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
京王井の頭線「永福町駅」北口より徒歩15分
地下鉄丸ノ内線「方南町駅」より徒歩20分

【バス】
京王バス・関東バス「都立和田堀公園」下車徒歩5分
京王バス「大宮八幡入口」下車徒歩12分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●郷土博物館は、杉並区の和田堀公園の敷地内にあります。分館もあるようですが、私が訪れたのは本館の方です。博物館は、公園の敷地内にありつつ、住宅街に面しているのですが、入口が長屋門であるため、一際存在感を放っています。私が訪れた時は、閉館1時間前ということもあり、来館者が少なく、のんびりと見学できました。常設展の館内を突っ切って外に出ると、古民家がありました。江戸時代の建築物らしく、当時の民家がそのまま再現されています。中に入ることが出来たので、中に入って見学しました。タイムトリップした気分です。行事の時には、囲炉裏に火を付けたりもするそうです。古民家の見学を終え、常設展の見学をしました。常設展では、原始時代から昭和までの杉並について紹介されました。杉並に密着されているので、かなりマニアックです。発掘品が展示されていたり、昔の集落が模型で再現されていたりしていたので、飽きることなく楽しめました。私自身、杉並区に居住していますが、知らないことがたくさんあり、大変勉強になりました。杉並に住み始めてまだ4年余りですが、更に愛着が沸きました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ