三鷹市山本有三記念館

更新日:2018年12月7日

三鷹市山本有三記念館は、三鷹市下連雀にある記念館です。昭和を代表する劇作家・小説家であった山本有三のゆかりの品や資料を公開しています。記念館の建物もかつて実際に彼と彼の家族が暮らしていた邸宅を利用しています。芸術的価値の高い洋館で、三鷹市の文化財にも選ばれています。

山本有三がこの洋館で暮らしていたのは、1936年から1946年までです。ここに暮らしている間に政治家としての活動も始めました。後に土地と建物は東京都に寄贈され、しばらくの間は国語研究所の分室として利用されました。記念館としてオープンしたのは、彼の没後22年経った1996年のことです。

基本情報

読み方 みたかしやまもとゆうぞうきねんかん
英語表記 Mitaka City Yuzo Yamamoto Memorial Museum
住所 東京都三鷹市下連雀2-12-27
電話番号 0422-42-6233
開館時間 9時30分~17時
休館日 月曜日(休日の場合は開館し、その翌日と翌々日休館)
年末年始
入館料 300円
年間パスポート なし
割引制度 【20名以上の団体割引】
公式ホームページ http://mitaka.jpn.org/yuzo/
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 ×
所要時間(目安) 35分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 あり
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
JR中央線「三鷹駅」南口より徒歩12分
JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」南口より徒歩20分

【バス】
みたかシティバス「むらさき橋」下車徒歩2分
小田急バス「万助橋」下車徒歩5分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●三鷹市の山本有三記念館は、三鷹市の文化財にもなっているとても美しい瀟洒な建物です。大正末期に建てられた西洋風建築で、大正ロマンを感じさせる品のある造りになっています。山本有三については高校の文学史の副読本で読んだような情報しかしらず、彼の書き物をちゃんと読んだことがなかったのですが、それでも当時の文化の香りを肌で感じることのできる素晴らしい建築です。煉瓦と白壁と木を組み合わせた外観、石組みの煙突、アーチ型の窓のデザインなど、細部に至るまで凝ったデザインになっています。四季折々の自然と美しい建物が調和している山本有三記念館は、都会の喧騒を忘れて古き良き文化に触れたい時にぴったりのスポットです。デートなどで訪れるのにもぴったりです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ