鹿児島市立科学館

更新日:2018年12月7日

地球と宇宙の科学を展示する科学館。タッチパネルで操作して惑星を動かす装置や、直径2メートルの球体にリアルな太陽を映し出す「さわれる太陽」など、体験しながら科学が学べます。

直径23メートルのドーム「宇宙劇場」では、約1000万個の星を高画質で精細に映し出すプラネタリウムです。また、ドームシネマの上映なども行っています。

基本情報

読み方 かごしましりつかがくかん
住所 鹿児島県鹿児島市鴨池2-31-18
電話番号 099-250-8511
公式サイト http://k-kb.or.jp/kagaku/
ドーム径 23メートル
座席数 / 形 286席 / 一方向傾斜
機材・機種 五藤光学 ケイロンハイブリッド(ハイブリッド式)
投影日時 平日:10時10分~・11時10分~・13時10分~・14時10分~・15時10分~
土日祝:10時10分~・11時10分~・13時10分~・14時10分~・15時10分~・16時10分
観覧料 一般500円 子ども200円
※別途入館料(一般400円 子ども150円)が必要
駐車場
アクセス 郡元電停または鴨池電停から徒歩8分
「市営プール前」バス停より徒歩2分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●鹿児島市立科学館の特徴は半ドーム状のスクリーンです。座席から観ると、足の下から頭の後ろまでスクリーンが広がっています。そのスクリーンで満点の星空を観察することができます。解説員の方の説明を聞きながら星座にまつわる話を聞けますし心地よい音楽の中で夜から朝までの星座の移り変わりを知ることができます。星座を映し出しているのは中央に置かれている球体の機械です。その機械から1000万個の星空が映し出されます。天の川の一つ一つの星が映されているので本物の星空を見ているような感覚になります。また、星だけでなく惑星も観ることができます。解説員の方が惑星を拡大してくださることもあるのでその天体について詳しくみることができます。その時々の天体ショーを教えてもらえるのも魅力の一つです。解説員の方がその様子を再現してくださるのでスクリーンだけではなく今度は本物の星空で天体ショーを見てみたいという気持ちにさせられます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●鹿児島市にある科学館にはとても大きなプラネタリウムがあります。その迫力たるや想像を遥かに超えるスケールで、初めてこちらで鑑賞した日は一日夢の中にいるような気分でした。実はすっかりはまってしまって、フリーパスを購入して子供と何度も通ってしまうほどです。季節ごとの鹿児島の星空をスタッフの方が解説してくださるのですが、口調もやさしくわかりやすいので記憶に残りますし大変心地いいです。また大スクリーンで説明してくれるので、実際に夜の星空を眺める時に教えてもらった星を探しやすく、はっきりと木星の輝きを確認できた時は感激しました。座席もとてもリラックスできる仕様になっていて、1時間近く座りっぱなしなのに全く苦痛を感じません。これからも多分、何度も何度も足を運ぶことでしょう。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ