センター・オブ・ジ・アース

更新日:2018年12月7日

センター・オブ・ジ・アースは、東京ディズニーシーのシンボルであるプロメテウス火山の中を駆け巡るジェットコースターのアトラクションです。フランスの小説家ジュール・ベルヌの代表作『地底旅行』をモチーフにしています。

スリルとスピード感がある絶叫マシンで、とても高い人気を誇っています。タワー・オブ・テラーと並んで最も長い待ち時間を記録する大人気アトラクションで、混雑時にはファストパスが昼前に終了してしまうこともあります。パークの代表的なアトラクションとなりますので、遊びに来たら、ぜひ乗ってみることをおすすめします。

そんなセンター・オブ・ジ・アースですが、ここにいるキャストは左手を右肩に当てるというちょっと変わった敬礼をします。これは両腕でアルファベットの「N」の字を作り、ネモ船長への敬意を表しているのです。

もうひとつトリビア的な要素としてマグマ・サンクタムツアーが挙げられます。これはセンター・オブ・ジ・アースがメンテナンスなどで終日休止している時にランダムで開催されることがあるツアーで、入り口からテラヴェーター(エレベーター)直前までのエリアを見学することがでいるツアーとなっています。

混雑度

大人気のアトラクションですので、パーク内で最も長い待ち時間が発生しやすくなっています。平日でも1時間待ちを超えることは珍しくなく、夏休みやゴールデンウィークなどの繁忙期には、3時間待ちを記録することも度々あります。ファストパス対応ですので、できればファストパスを使うようにしましょう。

おすすめの座席

センター・オブ・ジ・アースはディズニーシー内で1,2を争う人気アトラクションです。ゲストは地底走行車とよばれる車に乗り込み、神秘に満ちた地底の世界を探検するというコンセプトのローラーコースターです。

このアトラクションは非常によくできていて、その座席に座ってもほとんど同じように楽しめます。そのためおすすめの座席というのはありませんが、強いて挙げるとすれば、右側です。地底怪獣を間近で見ることができます。

アトラクション概要

英語名 Journey to the Center of the Earth
定員 6名
所要時間 約3分
ファストパス
シングルライダー
利用制限 3歳未満 / 身長117センチ未満

フォトギャラリー

入り口には「Journey to the Center of the Earth」と書かれています。
アトラクションとスポンサーのロゴ

待ち列を作るエリアには様々な展示があるので、長時間待っていても飽きません。
待ち列にある仕掛け

アトラクション終了後の階段のところにあった看板です。まさしく!ですね。
「人生は素晴らしき冒険旅行」の看板

みんなの口コミ

●●センター・オブ・ジ・アースに乗りました。かなり人気のアトラクションなので行列を覚悟していたのですが、開園と同時に一目散に走り出したので5分ほどで乗ることが出来ました。待つ間に息を整えて、海底世界を巡りました。

珍しい生物を観察し、クネクネとコースを進んでいくと目の前が明るくなったと思った瞬間に地底走行車が急降下。予想外の展開に思わず叫んでしまいました。

●●ディズニーシーの数あるアトラクションの中で、ダントツで一番好きなアトラクションです。最後、急に加速してそのまま急降下するスリルはこのアトラクションでしか味わえないと思います。絶叫マシン好きの私には外せないアトラクションです。

これまでに最高で1日に10回乗ったことがありますが、最初の1回目も最後の10回目も全く変わらないスリルを味わうことが出来ました。もちろん急降下するまで楽しめますが、特に雷や炎、驚く程にリアルで巨大な地底生物は、何度体感しても思わず身体を縮め込めてしまう程です。

まだ幼い姪は、雷の音にびっくりして泣いてしまいました。スリルが大好きな私としては、最後の加速するシーンをもう少し長くしてほしいなとも思いますが、絶叫好きの方なら必ずはまると思います。

●●ミステリーアイランドにあるコースター型のアトラクションです。パークの真ん中、どこからでも見えるプロメテウス火山の真下あたりにあります。地底探検がコンセプトなので、入場口から乗り場まではエレベーターで降りるのですが、造りが上手いので、ここから本当に地下深くまで潜っている錯覚をしてワクワクします。

コースターに乗って、キラキラ光る鉱石や噴き上がる炎などを眺めながら移動するのですが、途中火山の噴火に巻き込まれそうになり、猛スピードで走りだします。かなりのスピードで走り、クライマックスはスピードにのったまま、出口から飛び出して、落下!怖いですが、地下から突然外の世界に放り出されるのはドキドキします。

もし乗る事が出来れば、最前列で突然開ける視界を体験してほしいです。コースターが飛び出す様子は外からも見えます。

●●古典的な名著で、映画にもなっている小説をアトラクションにしたセンター・オブ・ジ・アース。私はもちろん小説も映画も大好きです。最近では都市伝説にもなっているお話で、地底にもうひとつの世界が広がっているというのが元のお話です。

このアトラクションでは、その地底に地底走行車に乗って突入をします。その地底には、ディズニーならではの様々な演出があるのですが、楽しんでいるといきなりスリリングな展開に突入します。

こうしたアトラクションはもちろん楽しいのですが、その外観などもかなり凝っていて、うまく世界観を表現しているので、アトラクションに乗る前から楽しむことの出来る素晴らしいものだと思います。これこそディズニーのクオリティーです。

●●センター・オブ・ジ・アースは、ディズニーシー開園当初から気になっていたのですが、勇気がなく、ずっと避けてきたアトラクションでした。いつも、あの火山から飛び出したコースターから凄い悲鳴が聞こえていたからです。

しかし、友人とディズニーシーに遊びに行った際に、たまたま、いつもなら行列ができているセンター・オブ・シ・アースが何故か15分待ちという奇跡!せっかくだから乗ろう!ということになり、心の準備をする間もなく、コースターに乗り込みました。

いつ、いつ火山のところに出るんだろう、と不安で胸がいっぱいの中、何だか不思議な世界に迷い込んだようでした。恐竜のような見たことない生物や、綺麗な水晶なんかがが火山の中にあったんですね。

そして、あっという間に落ちました。目を開けられませんでした。友人は、目を開けていたので、すごく景色が良かった!と喜んでいました。もしまた乗る勇気が出たら、今度は目を開けていたいと思いました。

●●絶叫系が苦手な私です。ディズニーシーの中で一番目に止まるのが、センター・オブ・ジ・アースではないでしょうか。苦手な私からしたら、なぜわざわざ怖い乗り物に乗るのかが理解出来ないのですが、まだこちらが出来たばかりの頃に一度だけ乗りました。

もちろん乗るつもりはなかったのですが、通りかかったキャストの方に「これって怖いですよね?」と話を振ったら「見た目より全然怖くない乗り物ですよ」と言われ、私でも平気な乗り物なのかもしれないと思い込んで、乗ってしまったのです。

そして、普通のコースターなら徐々に加速していく感じですが、センター・オブ・ジ・アースに至っては、いきなり高速でスタートして、驚いている間に下降していくという私には恐怖以外のなにものでもない乗り物でした。笑

●●シーのシンボルである、真ん中に大きくそびえる火山のところにセンター・オブ・ジ・アースがあります。いわゆるジェットコースターですが、最後は落っこちます。それまでは、地底世界を現した色々なものを見れたりしますが、その間も、ただただ効果音が大きくて、どこかで爆発でもしたんじゃないかと思うぐらいです。

でも、鉱山ということもあり、辺りは真っ暗なのですがきらびやかです。最後には大きなピンク色の宇宙人でしょうか?その生き物が現れたと思ったら、火山の上から、まっさかさまです。まだ落ちるの?と思うくらい落ちてしまいます。

ブレーキがかかるわけでもないのに、足を踏ん張ってしまいます。シーのアトラクションで不動の人気の訳は、乗ってみて初めてわかると思います。

●●大人気なだけあって、かなり待ちましたが、楽しかったです。待っている間もなかの展示が楽しいし凝っているので期待感も膨らみました。いざ乗ってからは、ひたすら奥へともぐって行く感じがどきどきします。炎が噴出すところがあるのですが、本当に熱気が来てびっくりしました。

ずっと地下をひたすら進んでいって、最後のスピードが上がって外にでるところが凄く気持ちいいです。それまでがゆっくりだったからこそ、のギャップですね。眺めもいいし、乗ってよかったと思いました。

ページの先頭へ