仙台市野草園

更新日:2018年12月7日

仙台市野草園は植物についての知識を高める場として最適な場所で、平成20年にオープンした「野草館」は無料で入館できますので気軽に訪れる事ができます。東北地方の代表的な野生の植物を植栽展示、人気のスポットは「芝生広場」と「ロックガーデン」になります。野草園の利用料は大人200円、小・中学生50円となっています。

基本情報

読み方 せんだいしやそうえん
住所 宮城県仙台市太白区茂ヶ崎二丁目1-1
電話番号 022-222-2324
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時45分
休園日 年末年始
入園料 無料(野草館)
(野草園は大人200円 小中学生50円)
年間パス ×
駐車場
アクセス JR仙台駅西口バスプール11番より仙台市営バス野草園前行きで20分

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●小さいときによく訪れました。感覚的には山の中にいるという感じです。実際に山の中にあるのですが、きれいに整備がされていてきれいな施設があるというわけではなく自然に近い状態で管理されています。子どもの時は植物にあまり興味がなくただ広い公園というイメージを持っていましたが、大人になっていくと自然と触れ合える貴重なところでした。植物だけではなく、虫も鳥も自然に近い状態で生息しているので小さい子どもを連れて行くといい自然勉強になるかと思います。場所的には少し行きにくいところにあり、あまり人が来ないのですが、逆に人が来ないので静かなところで遊びたいというときやまったりとデートをしたいというときはとてもいいと思います。駐車場もあるので車で行くのも大丈夫です。入場料も無料なので気軽に行けるというところもポイントが高いです。

20代女性

●●幼い頃からよく親に連れられて行っていた場所です。子どもの頃は、芝生の広場で走り回ったり、兄弟で鬼ごっこをしたりして遊んだりして楽しむ場所として行っていたイメージがあります。たまにお弁当を持っていって、家族で食べたりもしました。年齢が上がるにつれて、訪れる機会も減ってしまいましたが、思い出深い場所なので、たまにふと行きたいなと思うことがあります。昔は走り回って周りの景色を楽しむことなどなかったのですが、今なら周囲の木々や花々を見て、季節を感じながらゆったりと景色を楽しみたい場所です。有名な萩まつりの時期には、色々な催し物もあり、また、綺麗な萩のアーチをくぐったりするのも良いです。自然や花が好きな人は一度は訪れてほしい場所です。緑豊かな場所は、居るだけで心が安らぎます。ヒーリング効果は抜群です。

30代男性

●●仙台市の大年寺山山腹に広がる植物園で、地元では有名な3本の巨大なテレビ塔の真下にあります。公共の交通機関でのアクセスはバスのみで、JR仙台駅またはJR長町駅からの乗車になります。ハギ、海辺、薬草、高山などを始めとした10の植物区と、芝生広場、どんぐり山、彫刻広場から構成されていました。主に東北地方で見ることができる植物を中心に植栽されています。野草館では植物の標本を見たり、知識を学ぶことが出来き、植物により興味を持つことができました。イベントもよく行われているようで、スケッチや観察会などは頻繁に開催されており、小さい子供にとっては遊びながら勉強できるいい場所だと思います。晴れた日は芝生広場でシートを広げてお弁当を食べるのがオススメです。小さいお子さんがいる家庭はピクニック気分で楽しめると思いますよ。

30代女性

●●よく2歳の子供を連れて遊びに行きます。子供がまだ遊具で遊べるような年齢ではないので、自然がいっぱいで広くて自由に遊べるので、とても助かっています。主に芝生広場で遊んだりお弁当を食べたりします。大きなケヤキが何本も生えていますので、夏でも大きな影ができ、割りと涼しく過ごせます。よくイベントや教室もやっています。子供がもう少し大きくなったら参加してみたいです。たまに芝生広場でヨガをしている団体さんも見かけます。ただ芝生に座って読書されている方や、宿題なのか絵を描いているお子さんもいました。みなさん気持ち良さそうに過ごしています。植物園の中を歩きながら説明してくれる方もいらっしゃいます。季節ごとに色々な花が咲き乱れます。その中でもハンカチの木は有名なのではないでしょうか。毎年沢山の人が見に来ています。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●天気が良い日の散策に最適なスポットです。広い敷地の植物や草花など1000種類以上のものを眺めることができますが、傾斜地もあるため、かなりいい運動になります。園内はいつくものゾーンに分かれており、様々な花も楽しむことがもきます。シーズンによって展示会や観察会、おまつりなどいろいろなイベントも開催しています。ケヤキ並木がそびえたっている芝生の公園で一息つくこともできます。とにかく緑が豊かでゆっくりとした時間を満喫することができるため、デート、お子様連れにも最適だと思います。コーヒーが飲めたり、わらび餅やそばを食べることができるスペースもありますが、お弁当を持参してのピクニックもオススメです。仙台駅からバスで15分ほどで着きますし、入場料200円ですが、無料の日もある点もおすすめポイントのひとつです。

50代男性

●●JR仙台駅から見ると南側に位置する大年寺山公園の中にある植物園で、地元テレビ局の鉄塔が近くにありますので来園する際はそこを目印にすると分かりやすいです。植物園内は高山植物や水生植物など生態系毎に区分けされ様々な種類の野生の植物を観察することができ、他にも彫刻のある広場には桜、園路には萩や菖蒲などといった四季折々の花が季節に彩りを体感することができます。芝生広場もあって晴れた週末には家族連れなどで賑わっていますし、幼稚園の遠足や小学生の課外授業・写生大会などにも利用されています。周囲が緑しかないので、シートを持参して芝生の上で寝転んで空を見上げると身体を思いっきり伸ばせて大変気持ち良いです。以前来園したときは気付かなかったのですが、野草館が移設し建て替えられていて写真展や野草の展示などを開催し野草園の魅力などを発信しています。それから、喫茶店もありカレーや山菜そば、甘味を食すことができるので、気軽に立ち寄ってオープンテラスでひと息入れるというのもお勧めです。

50代女性

●●小高い山のようなところにある植物公園です。ツヅジ区、あじさい区、つばき区など、植物の種類ごとにエリアがあり、主に東北の野山でみられるような植物が栽培されています。四季のある日本の植物ですから、早春の野草から秋の紅葉まで季節ごとに楽しめそうです。自然を生かして作ったような園なので起伏があり、ちょっとしたハイキング気分で散策しながら野草を楽しめます。足腰の悪いお年寄りは、歩けるエリアが限られるかもしれません。お天気も良かったので、芝生エリアはピクニック気分でお弁当を広げたり、お昼寝をしてのんびりするには最適でした。小さなお子さん連れの方もいましたし、子どもをのびのび遊ばせるにもいいみたいです。野草館では、植物画や粘土フラワーなどの展示や講習会も開くことがあるようで、本物の野草のような粘土フラワーには感心しました。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●仙台駅からバスで行きました。休日にもかかわらず人がほとんどおらず、ほぼ貸し切り状態でちょっぴり嬉しい気持ちになりました。敷地内はとても広々としており高低差もそこそこあったので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。行く前にお弁当を持って行くとよいと地元の友人から聞いていたので、レジャーシートとお弁当を持っていきましたが、大正解でした。周辺は閑静な住宅街で食事をできるようなところはほとんどありません。ローカル色が強い場所ですが、東北地方にある野草が多数あり、関東に住んでいる私にとっては新鮮に感じるものも多かったです。傾斜のあるところも多いので、寝そべって過ごすのもとても心地よい時間でした。入場料は200円とお財布にも優しく、一日遊べることを思えばかなりコスパのよい場所だと思いました。家族連れも来ていたので、ファミリー層にもおすすめです。

ページの先頭へ